ポジティブな人は早く死ぬ 性格と寿命の関係

「ターマン研究」というものがあります。  

アメリカの心理学者であるルイス・ターマンとその継承者のハワード・フリードマンによる、80年に渡る長寿とさまざまな要因についての研究です。
特に「子供の時の性格と寿命の関係」についての興味深い研究があります。

たとえば、子どもたちが次のような性格を持つかどうか、調査しました。
 ・陽気で楽観的
 ・学校の人気者
 ・真面目
 ・神経質
 ・ルールを守る  

そして分析してみると、なんとも意外なことに、「楽観的で社交的な人ほど早死に」していたのです。  
その一方、一番長生きしていたのは、「真面目で粘り強い性格の人たち」でした。
彼らは、人生でツライことや問題にぶつかっても、決して逃げることなく、粘り強く受け止めて前に進んでいたのです。

ターマン研究については「web週刊現代」のこちらが参考になります。
長生き度チェック----自己性格診断もついていますのでお試しください。

また、出版もされていますので、関心のある方はこちらもどうぞご覧ください。
『真面目な人は長生きする』(岡田尊司/著、幻冬舎新書/2014/09刊、@800)


核酸の基礎知識はここをクリック

メシマコブの基礎知識はここをクリック

いきいき健康ニュース へ戻る