胃癌は感染症。ピロリ菌感染の検査(と除菌)は、胃がん予防に必須です。

 胃ガンのほとんどはピロリ菌の感染によって発症します。
 ピロリ菌は感染しますので、胃がんは感染症です。
 ピロリ菌の感染検査(と除菌)は、中高年の人には必須です。 

 ヘリコバクターピロリ菌(ピロリ菌)が1982年に発見され(発見者はノーベル賞を受賞)、胃がんとの関連がはっきり解明されてきて、胃がんの発症は感染症という新たな展開が生じてきました。疫学的調査結果を踏まえ、ピロリ菌感染と胃がんとの関連はWHOから、肺がんにおける喫煙や、肝がんにおけるB型肝炎ウイルスとの関連と同様に確実な発がん因子に認定されています。 わが国では50%の人が感染していますが、年代別の感染率は年々低下してきています。戦後まだ衛生環境のインフラが十分整っていなかった時代に幼児期を過ごした60代以上のひとでは約70%と高く、衛生環境が整備されるにつれ感染率は低下し、現在の10代では10%を切るまでに減少しています。
 ピロリ菌の発見がノーベル賞の対象になるほど重要だったのは、今までどうしても防ぐことができなかった胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発が、ピロリ菌を除菌することによってほとんど再発が生じなくなることが証明され 治療法が確立したからです。現在では胃がんのほとんどがピロリ菌の感染によって生じるということが証明されています。(生涯のうちで胃がんを起こす危険性があるのは、ピロリ菌感染者の10人に1人(1割)ということになり、リスクは決して低くはありません。 ) ピロリ菌による胃粘膜の萎縮は感染期間が長いほど進むため、出来るだけ早い時期に除菌をすることが胃がん予防に効果的です。

「ピロリ菌?ああ、知っているよ。」という事ではなく、「ピロリ菌?ああ除菌したよ。」というのは、いまや中高年の常識です。
知っていたってそれだけでは何の役にもたちません。

詳しい情報は以下を参考にしてください。

日本消化器学会

国立がん研究センター

核酸の基礎知識はここをクリック

メシマコブの基礎知識はここをクリック

いきいき健康ニュース へ戻る