家族性高コレステロール血症 アキレス腱の目視や触診による診断方法

高LDLコレステロール血症は心臓病のリスクを増大させます。
とくに、いわば先天的にLDLが高い「家族性高コレステロール血症」ではその危険性が増します。
アキレス腱が太いとその可能性があります。目視や触診でわかるので、思い当る節がある方は是非一度お試しください。
それはいい加減なものではなく、日本動脈硬化学会のHPにも掲載されている正しい診断方法です。
アキレス腱による診断の「 3 の B) FHの黄色腫 」をご覧ください。 オランダの医師が発見した診断方法で、オランダでは70%強の診断率を保っていますが、日本ではわずかに1%、医師・一般への周知が遅れています。

核酸の基礎知識はここをクリック

メシマコブの基礎知識はここをクリック

いきいき健康ニュース へ戻る