前立腺癌の部分治療 排尿機能や性機能を維持する 

前立腺癌の治療法には手術や放射線療法などがあり、近年ではいずれも良好な長期成績が得られています。
しかしながら、これらの治療法は前立腺全体を治療対象としているため、治療後に尿失禁や勃起機能・射精機能失われることが少なくありません。
排尿機能と二つの性機能(勃起・射精)のを温存するための最新の前立腺癌治療が、前立腺がん部分治療です。
乳癌に「乳房温存療法」があり、そのことが術後のQOLを大きく向上させているのはご承知のとおりです。

部分治療では小線源療法を用いますが、部分治療で済ませるためには癌の部位を正確に特定する必要があるため、立体生検とMRIを併用します。
詳細はこちら

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科腎泌尿器外科学教室HPから

核酸の基礎知識はここをクリック

メシマコブの基礎知識はここをクリック

いきいき健康ニュース へ戻る