編集だより(99/10/08 発行)

 生活改善薬という言葉をご存知でしょうか? これは、生命には別状は無いが、日常生活上で気になる症状や体調を改善する薬のことです。その日本での事実上の第1号がすでにお馴染みになった「バイアグラ」です。3月発売後の1ヶ月間で取扱う医療機関数が2万個所を越え、年間売上高100億円を超える大型薬になる可能性が出ています。第2号(6月発売)がこれもお馴染みの発毛剤「リアップ」です。この成分はアメリカのP&U社が88年に発売してすでに世界85カ国で販売されているものです。また皮膚に貼ってニコチンを吸収させて、禁煙時のニコチン禁断症状を和らげる禁煙補助剤も発売されています。

 生活改善薬も万能薬ではありませんが(例えば「リアップ」の場合、改善効果が見られない例も27%程度あったといいますが、逆に言えば4人に3人は効果があったわけで、これはやはり驚異的です。バイアグラについては世間に喧伝されているのでご承知かとおもいます。ある意味では当人にとっては病気以上につらいかも知れない症状の改善が図られるのであれば、やはり魔法の薬のように思えるのも無理からぬことです。 女性のダイエットに対するあこがれや執念も、男性のバイアグラ、リアップに類するのかもしれなのかもしれません。

環境医学・栄養学研究所

VOL#17の内容('99/10発行)

核酸栄養学 核酸が感染症を防ぐお話です。

核酸の基礎知識を得たい方はここをクリックして下さい。

バックナンバー一覧へ戻るに戻る