「核酸と更年期障害」 クッパーマン指数

更年期の症状を数値化して表す「クッパーマン指数」という方法があります。

11の症状をその程度に応じて4段階(強い=3、中程度=2、弱い=1、無し=0)で表現し、その結果を指数化して更年期障害の程度を判断します。

 1.クッパーマン指数

16〜20:軽症  21〜34:中等度   35以上:重症  

 2.クッパーマン指数計算用の表

症候群

症状の種類

症状の強さ

評価度

血管運動

神経障害様症状

・顔が熱くなる

・汗をかきやすい

・腰や手足がしびれる

・息切れする

3210

4

知覚障害様症状

・手足がしびれる

・手足の感覚が鈍い

3210

2

不眠

・なかなか寝つけない

・寝ついても目を覚ましやすい

3210

2

神経質

・興奮しやすい

・神経質である

3210

2

ゆううつ

・つまらないことでくよくよする

・ゆううつになることが多い

3210

1

めまい

・めまいや吐き気がする

3210

1

全身倦怠

・疲れやすい

3210

1

関節痛・筋肉痛

・肩こり、腰痛、手足の節々に痛みがある

3210

1

頭痛

・頭が痛い

3210

1

心悸亢進

・心臓の動悸がある

3210

1

蟻走感

・皮膚を蟻が這うような感じがする

3210

1

 

3.計算方法

@それぞれの症候群の、症状別に、症状の強さを判断します。

 一番強い症状の強さをその症候群の強さとします。

Aその強さに症候群の評価度を掛けます。

B得られた値を合計した数値がクッパーマン指数です。

モニターによる核酸摂取結果

1.核酸カプセルを25名の女子が服用した結果

2.摂取した核酸カプセルの内容(6カプセル服用/日)

カプセル=300mg     ヌクレオプロテイン(DNA27%以上)          166mg

                                                     ビタミンC                                                   84mg

                                                     コーンスターチ                                             40mg

                                                     ショ糖脂肪酸エステル                                    10mg   

 

年 齢

クッパーマン指数

核酸摂取前

60日後

55

59

61

11

55

17

58

20

12

59

11

55

22

10

67

55

16

13

56

53

53

17

52

17

15

57

10

64

35

29

68

32

29

55

11

58

13

54

54

16

11

54

17

15

60

19

19

55

17

60

56

31

 

363

237

これによれば総合改善率は65.2%を示しています。 

出典:日産化学鰍ニ遺伝子栄養学研究所の共同研究

核酸の基礎知識を得たい方はここをクリック

ホームページに戻る