メラノーマ(皮膚がんの一種の悪性黒色腫)のダーモスコープ検査

ほくろが気になり、受診した皮膚科で「早めに取った方がよい」と言われたのに、別の皮膚科では「心配ありません」と言われたことがある人は少なくないでしょう。ほくろは皮膚に色素が集まったもので、通常は心配ありませんが、ごく一部にがんの可能性がある場合があります。短期間で色や形が変わったり、大きさが5mm以上になったりした時には注意が必要です。メラノーマは、腫瘍の厚さが1.5mm以下で転移が無い早期の場合、手術でほとんどが完治します。しかし不用意に切除するなど外的な刺激で細胞がバラバラになりやすく、傷つけると転移が促されると考えられています。このため、胃や大腸がんの検査のような、組織の一部を採って顕微鏡で調べる検査はあまり行われません。

従来、医師が肉眼や虫眼鏡で観察して、「悪性」か「良性」かを見分けていましたが、これだけでは正確な判断は難しいので、最近では「ダーモスコープ」が使われるようになりました。小振りな懐中電灯のようなもので、先端の円形レンズ部を肌に密着させると、ほくろを10倍に拡大して見ることが出来ます。組み込まれたライトで画像も明るく、中央の目盛りでほくろの直径も計ることが出来ます。数十倍の拡大機能を備えたものもあり、いずれも検査中の痛みはありません。ダーモスコープのおかげで、手のひらや足裏のほくろの検査精度は格段に上がりました。「皮溝(ひこう:皮膚の溝)」と「皮丘(ひきゅう:皮膚の溝と溝の間の盛り上がった部分)」の観察が診断に役立つことがわかっておかげです。良性のほくろは主に皮溝の部分だけに黒い色素が見られるが、メラノーマでは逆に皮丘部に黒い色素が見られるからです。日本人のメラノーマの約3割は足の裏に出来るため、この装置の役割は大きいのです。皮溝がはっきりしない肩や背中などでも、肉眼では捉えきれないメラノーマ特有の色や形の変化が判別できます。ところが、この装置の販売会社によると全国15000の皮膚科があるが、販売台数は500台にすぎず、あまり普及していない。検査に保健点数が加算されないことなどが原因といわれています。しかし、ダーモスコープはほくろの診察に欠かせないので、受診する際は、事前にこの装置の有無を確認することが大切です。 

参考:読売新聞2004/11/08 夕刊

悪性の疑いのあるほくろ1〜2年以内に次のような変化があれば要注意)

1.色が薄い褐色から濃い黒色に変わった。

2.大きさが、直径23ミリ程度から56ミリ以上になるなど、短期間に目立って大きくなった。

3.縁がギザギザになったり、染み出したような形になった。

4.全体や一部が以前より硬くなった。

5.爪に黒褐色の縦の筋が現れ、半年から1年くらいの短期間に色が濃くなり、すじの幅が拡大した。

悪性黒色腫の主な発生部位

足の裏            26.0

体幹(胴)      10.6

                  10.5

                  9.0

手足の爪         8.5

膝から下の足   7.7

手のひら         7.0              国立がんセンター調べ         


核酸の基礎知識を得たい方はここをクリック

ホームページに戻る