メシマコブについての学術論文のまとめ

 メシマコブの効果については、学術的な論文が多数発表されています。

その一部をリストにまとめましたの。

1.キノコ類の薬効・食効とその利用(12), 水野卓(静岡大),Chem. Times vol.2000, No.2, p2 (2000)

2.メシマコブとその臨床応用について, 宮野のり子(動物病院NORIKO), 小動物臨床,vol.18, No.4, p25 (1999)

3.The inhibitory effect of polysaccharides isolated from Phellinus linteus on tumor growth and metastasis., Han S.B.(Korea Research Institute of Bioscience and Biotechnology) Int. Immunopharmacology, No.2, p157(1999)

4.免疫アジュバント−メシマコブ多糖類の各種癌患者に対する使用経験, 山名征三(西条中央病院), 診療と新薬, vol.27, No.6, p1101(1990)

5.胃癌術後患者に対する免疫化学療法の評価, 山名征三(西条中央病院), 診療と新薬, vol.27, No.5, p841(1990)

6.長期間のメシマコブ免疫療法下で腫瘍と共存し得た胃癌例,山名征三(西条中央病院), 診療と新薬, vol.25, No.11, p2357(1988)

7.メシマコブ培養菌糸体の熱湯抽出液のエールリッヒ腹水癌に対するSuppression活性,山名征三(西条中央病院), 診療と新薬, vol.25, No.11, p2239(1988)

8.Stimulation of Humaoral and Cell Mediated Immunity by Polysaccharide from Mushroom Phellinus linteus., Kim HM(Korea Research Institute of Bioscience and Biotechnology) Int. Immunopharmacology, No.5, p295(1996)

9.Characterization of Carbohydrate-peptide Linkage of Acidic Heteroglycopeptide with Immuno-stimulating Activity from Mycelium of Phellinus linteus., Lee JH(Korea Research Institute of Bioscience and Biotechnology) Chem Pharm Bull, No.5, p1093(1996)

10.B-Lymphocyte-Stimulating Polysaccharide from Mushroom Phellinus linteus., Song KSら,(Korea Research Institute of Bioscience and Biotechnology) Chem Pharm Bull, No.12, p2105(1995)

11.Antitumor Polysaccharides from Some Polyporaceae, ganoderma Applanatum(Pers.) Pta and Phellinus linteus(Berk. Et Curt) Aoshima., Sasaki T, Chem Pharm Bull, No.4, p821(1971)

12.その他に金沢大学薬学部生薬学教室の太田教授がメシマコブについての研究をされております。実際のデータとしては、動物実験ではB16F10メラノーマ細胞、NCI−H23肺癌細胞、エールリッヒ腹水癌細胞などのものが得られていますし、また、動物病院での実績として口腔内悪性繊維肉腫、移行上皮癌、メラノーマでの効果が認められています。
さらに、臨床例としてメラノーマ、胆癌、胃癌等に用いられています。


オリジナルの報告書は、まだまだ多数ありますが、上記の文献から引用・参考文献を更に引いていくことによって、かなりの情報を得ることができると思います

メシマコブの基礎知識

ホームページに戻る