広がる白血病治療の選択肢

白血病の治療の選択肢が広がってきた。新生児のへその緒や胎盤の血液を移植する臍帯血移植や、腕から血液を採取する抹消血幹細胞移植が増え、従来の骨髄移植と並ぶ療法となりつつあるからだ。しかし、医療機関によって治療の選択方針が異なり、治療成績の差となって表れる場合もある。

白血病は、未熟な血液細胞ががん化して血液や骨髄で異常増殖する病気。骨髄には血液のもとになる「造血幹細胞」があり、これが赤血球や白血球、血小板に育つ。白血病が進行すると、がん化した細胞が増えて正常な血液細胞を作れなくなり、貧血、出血、感染症などが起きる。
そこで、抗がん剤や放射線治療でがん細胞をたたいた上で、他の人の正常な造血幹細胞を点滴し、置き換える。どこから造血幹細胞を採取するかで、骨髄移植、臍帯血移植、末梢血幹細胞移植の違いがある。骨髄移植には馴染みがあると思うのでここではその他の2つについて述べる。

●臍帯血移植

臍帯血移植は、赤ちゃんのへその緒の血から集めるので提供者の身休への負担がなく、患者に合う血液が短期間で見つかるのが最大のメリットだ。ここ二年で急増し、昨年に通算二千件を突破した。臍帯血は全国の臍帯血バンクdに冷凍保存されている。昨年、米欧のチームが「HLA(白血球の型)が一致した骨髄提供者が見つからない場合の治療選択肢となり得る」との研究結果を発表し、世界的にも広がっている。 国内でも保険が適用されるが、医療機関による治療成績のばらつきが大きい。日本さい帯血バンクネットワークが解析した全国約三百三十例のデータでは、初回の移植で三年後も再発しない患者の割合は二割強なのに対し、東大医科学研究所では約九十例で七割以上と突出して高い。臍帯血移植は、骨髄移植を受けようとしたものの提供者が見つからず、切り替えたケースが大半だ。実績のある骨髄移植に比べ、治療データの少ない臍帯血移植に賭けるのは勇気がいるが、ギリギリまで待つほど結果は芳しくない。束大医科学研究所講師の高橋聡さんは「患者の状態が良いうちに移植すれば、良い成績が得られる可能性がある」と話す。

【臍帯血バンク】臍帯血は日本さい帯血バンクネットワークと提携した病院で生まれた健康な赤ちゃんと母親から夫婦の同意で提供され、約2万人分の臍帯血が保存されている。全国11箇所にあり、提供の手続きや治療が受けられる医療機関などの問合せが出来る。
日本さい帯血バンクネットワークの連絡先は 
03-5777-2429ホームページはこちら

日本骨髄バンクは 0120-445-445 (ホームページはこちら)

●末梢血移植

末梢血は耳慣れない言葉だが、体内を巡る血液のこと。通常、末梢血には造血幹細胞はほとんどないが、白血球を増やすGICSFという薬を注射すると幹細胞が取り出せる。両腕から採血し、血液から幹細胞だけを抜いて、残りの成分を体内に戻す。骨髄や臍帯血と違って提供者を登録する制度はなく、きょうだいなど血縁者聞の移植に限って認められている。骨髄移植では、提供者は全身麻酔下で腰骨に針を刺して骨髄から幹細胞を集める。麻酔のいらない末梢血幹細胞移植は、提供者への体の負担が少ないと注目され、五年前に保険適用されて急増した。だが、GCSFの副作用で骨の痛みが起きることがあるほか、動脈硬化や問質性肺炎の持病がある人が提供すると、まれに病気が悪化することがある。GCSFの長期的な影響もまだわからない部分がある。欧米では、骨髄移植と比べても治療成績には差は無いとされるが、日本では結論がでておらず、効果を調べる臨床試験が行われている。国立がんセンター中央病院医長の森慎一郎さんは「骨髄も末梢血も提供者になんらかの負担は出てくる。どちらを選ぶか、医師と良く相談してほしい」と話している。
病院によって得意な移植方法が異なるので、病院の特徴を移植件数などで調べて医師の話を聞くことをおすすめします。

●セカンドオピニオンなどの参考にして下さい。(2005/11/12 追加)
1.悪性リンパ腫患者・家族連絡会「グループ・ネクサス」
2.血液情報広場つばさ 03−3593−3383 (月、水、金曜日の12時〜17時)

核酸の基礎知識を得たい方はここをクリック

ホームページに戻る