健康診断の新基準値

 基準値は各分野の医学会が定めているが、多くは男女、年齢を問わない一律の数値となっています。これに対し、東海大医学部教授の大櫛陽一さん(医学教育情報学)は「検査の適正値は、性別や年齢によって異なる。高齢者に若い人と同じ基準値を適用すると、異常と判定される人が増えるなど問題が大きい」と指摘し、新たな基準値を提唱しています。一般の健康診断では旧来の基準値を基に「要精検」とか「要注意」とかのマークを打ってきますが、再検査や治療の前に一度これらの数値を基に医師と相談されることをおすすめします。

 大櫛先生は、全国で健康診断を受けた約70万人から健康な人のデータを抽出、男女別、年齢別に解析し、数値の高い人と低い人を除く約95%の人が収まる範囲を適正な値とする、国際的な方法で基準値を算出しています。

1.コレステロール

 既存の日本動脈硬化学会の基準では、総コレステロール値220以上で高コレステロール血症とされる。だが、大櫛さんは「高コレステロールは、若い人では心筋梗塞の要因になるが、年令とともにその傾向は薄れ、70歳以上ではほとんど関係がない」という。そこで今回の基準では、20歳代前半こそ学会と同じ220が正常の上限だが、50歳以上では男性が260、女性が280程度としている。大櫛さんは、同様の大規模調査を行った三井記念病院(東京)総合健診センター所長の山門実さんらとともに、高コレステロールの薬物療法を行う目安となる数値(表)を公表した。

2.血糖値

 今回の基準値は、男性は緩やかに、女性は厳しく設定されている。日本糖尿病学会の従来の診断基準では、正常な血糖値(空腹時)の上限は110未満とされている。ところが大櫛さんによると、これでは若い女性の糖尿病が見逃されるという。若い女性の糖尿病が見逃されるという。 20〜39歳の女性160人を調べたところ、空腹時血糖値が100〜109と正常でも、ブドウ糖を摂取して2時間後に血糖値を測る負荷試験では、約6割に異常が見つかったからだ。空腹時血糖100未満では、負荷試験での異常は約2割にとどまった。大櫛さんは「若い女性の上限値は100未満に引き下げる必要がある」と話す。



3.肥満

 肥満は心筋梗塞や脳卒中の要因とされ、日本肥満学会は体重(kg)を身長(m)の2乗で割ったBMI(体格指数)で25以上を肥満としている。だが、実際はやせている人ほど死亡率が高く、「中高年は、小太りの人が長生きできる」(大櫛さん)。ただ、若い男性は、BMIが25を超えると糖尿病になりやすい。 そこで、「上限値」「目標値」

の2種類の基準が設定された。上限値を超えた場合は精密検査を行い、目標値を超えたら定期的に経過を見る。中高年男性の上限はBMI28程度、目棲値は25程度。



4.血圧

 高血圧の場合、「上限値」は、それを超えた場合に薬物療法を始める目安で、「目標値」を超えたら、運動や食事の改善を行う。


#42も参考にして下さい。 

今回の基準値については、大櫛さんの著書「検査値と病気 間違いだらけの診断基準」(太田出版)に詳しくのっています。

読売新聞2006/6/18 朝刊 くらし・健康から引用

核酸の基礎知識はここをクリック

いきいき健康ニュース へ戻る