家庭で出来る風邪対策

寒さが厳しさを増し、風邪をひきやすいシーズンになりました。

薬や病院に頼る前に、予防策も含め家庭で取り組める対策も少なくありません。身の回りで普段から実践している風邪対策を聞いたところ、圧倒的に多かったのが、手洗いとうがいの励行だった。 

風邪は空気からの感染もありますが、最も多いのが接触感染ですので帰宅時などのこまめな手洗いは有効なのです。手やのどの粘膜についたウィルスや菌が体内に入るとよくないので、専門家もまず第一に挙げる対策です。うがいはお湯だと、ウィルスと戦う抗体を含んでいる粘液まで流してしまいかねないから、冷たい水の方がいいのです。のど全体に行き渡らせるうがいが苦手な子どもには「舌を出すつもりで」と教えてあげましょう。お茶や紅茶でうがいする方法は、渋み成分であるタンニンが持つ作用で粘膜の炎症が軽くなるので、のどの痛みが和らぐので人気があった。(お茶や紅茶も冷たい方が望ましいです。)塩水や酢水でうがいをしても勿論よいです。

普段から体を鍛えるために乾布摩擦を実践する人や、「なるべく薄着で過ごす」といった声が高齢者を中心にあったが、身体に合わない人もいるし、乾布摩擦をやるにしても冬ではなく夏のうちから始めておいた方がいいいいのです。

 

風邪のひき始めは、昔から言われているように、風邪との戦いに体力を集中するために栄養をたっぷりとって、休養や睡眠をとることが肝心です。 しょうが湯やくず湯を飲むことも効果がある。しょうがは辛み成分が、くずには漢方薬でおなじみの葛根湯(かっこんとう)と同じ成分が含まれ、いずれも発汗を促す方法として古くから知られ、結果として熱を下げる効果が見込めます。卵酒やホットワインといったアルコール類も同じです。白ねぎ入りのスープを飲む人もいるが、白ねぎは漢方では気付け薬とされており、血行促進効果が見込めます。

 

就寝時にマスク

外出時だけでなく、少し寝苦しいが就寝時にマスクをする人も少なくない。マスクは鼻や口からの異物侵入を防ぐこともさることながら、(ウィルスは湿度に弱いので)乾燥を防いで感染しにくくする効果も大きいのです。ガーゼをお湯でぬらしておくのも効果的です。 風邪のひき始めに、ぞくっとくる特有の寒けが伴うのは、体温を上げて病原体に対抗しようと体が反応するからで、そんなとき、カイロをあてると効率的に温まります。 本格的にひいてしまった場合は、やはり安静が第一。部屋の温度を上げすぎると、空気が乾燥しのどの粘膜をさらに傷めかねないし、鼻づまりによる不快感にもつながるので、ふとんをきちんとかけて暖かくして寝ればよい。体温が上がりすぎるので、こたつで寝るのもよくないです。

 

 親の愛情も「薬」

「親が病気の時に優しくしてくれたのがうれしかった」こんな思い出を持つ人は少なくないでしょう。風邪で弱気になった子どもが病気への抵抗力を高めるには、親の愛情を実感することも必要です。「悲観的よりも楽観的なほうが免榎力が高まるのは医学会の常識です。

子どもが風邪をひいたときは薬の飲み方に注意。熱がないのに熱冷まし効果のある総合感冒薬を飲んだ乳児が低体温ショックで入院した事もあるので、容量や成分には注意して下さい(医院や薬局で尋ねるのが安心です。)

 

家庭で実践できる風邪対策

1.日ごろからの備え

・乾布摩擦

皮膚を鍛え、体温調節機能を高める。

・うがい

のどにひそむウィルスの増殖を予防。

冷たい水、お茶、紅茶、塩水、酢水などで。

・手洗い

せっけんを泡立てて30秒以上洗う。

 

2.引いたかな?

・しょうが湯、くず湯

身体を温め、発汗を促し熱を下げる。

・卵酒、ホットワイン

飲みすぎは体力を奪うので、一杯にとどめる

・白ねぎ入りスープ

血行を促進する。

・カイロ

寒気には両鎖骨と丹田にミニカイロを張ると効果的

 

3.引いてしまったら

・入浴は避けるほうが無難

・加湿器などで湿度の維持を

・薬は年令にあったものを

 

核酸の基礎知識はここをクリック

いきいき健康ニュース へ戻る