緩和ケア

 苦痛を軽減しながらのがん治療が全国各地で始まっています。

「癌の苦痛を和らげるためのモルヒネは使ってしまったらもうだめだ」と昔は良く聞きました。
また「緩和ケア」は積極的ながん治療をやめた末期のがん患者の苦痛を和らげるための、いわゆる終末期ケアと認識されてきたかもしれません。しかし、病気そのものの治療に加えて、闘病中に生じる心身の苦痛を緩和する技術が進み、その役割を広げつつあります。
「緩和ケア」は癌を治すための治療と同時に始めることができます。この「ステージに関係なく苦痛を軽減するケア」を取り入れたがん治療が今、全国で始まっています。

「緩和ケア」を積極的にとりれている医療機関では、医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、カウンセラーなどからなる「緩和ケアチーム」を構成し、痛みのコントロールのみならず、不安、イライラ、不眠などの心のケアを行っています。また治療や療養に関する情報の提供やコーディネイトなど、家族の負担を軽減するサポートや、家族の心のケアも行っています。

 まず緩和ケアのホームページにアクセスして情報を収集することから始めましょう。

  緩和ケアのHPは こちら

 国立がんセンターがん対策情報センター(緩和ケア病棟を探す)  がん情報サービス


核酸の基礎知識はここをクリック

ビフィズス菌の基礎知識はここをクリック

いきいき健康ニュース へ戻る