白内障の治療費っていくら?

 白内障は眼のレンズである「水晶体」が白く濁ることによって視力が落ちる病気です。

手術は簡単に言えば、濁った水晶体を取り出し(くだいて吸出します)、代わりに眼内レンズを挿入して終わりです。手術そのものの時間は10〜30分程度で終了します。(手術の内容(動画があるHPもあります)とか注意などは「白内障 手術」でネット検索してください。)

入院するかどうかは、片目か両目かによっても違いますが日帰りで行う病院もあれば、1週間程度入院する病院もあります。

費用は 入院料を除けばあまり変わりません。自己負担額になるとほぼ同額です。(期間が長くなったり、個室を使ったりすればもっと費用は多くなります。)

眼内レンズは水晶体のように焦点を調節することができませんので、焦点がひとつの距離に固定されます。そこで、遠くと近くの両方に焦点をあわせられる「多焦点眼内レンズ」もあります。保険は使えず自費診療になります。(「先進医療」指定医療機関では一部保険が適用されますので病院にお尋ね下さい。)

手術費用の目安(片目)

 

通常の白内障手術(短焦点レンズ)

多焦点レンズ

日帰り

1泊2日

1泊2日

水晶体再建術

121,000

121,000

3040

(保険はきかない)

入院基本料

18,000

35,000

35,000

総医療費

(定期検査大は別)

18万円

22万円

4050

 

自己負担(3割)

54,000

66,000

3343

 

(読売新聞2010/04/22 夕刊を参考にしました)

核酸の基礎知識はここをクリック

ビフィズス菌の基礎知識はここをクリック

いきいき健康ニュース へ戻る