閉経前のがん予防目的「卵巣摘出」は悪影響が大きい

 早期発見しにくい卵巣がんの予防を目的に、子宮筋腫などの手術際に、卵巣も一緒に切除する場合がある。閉経前ではホルモン低下によるマイナスの悪影響に注意が必要だ。

卵巣は子宮の左右にあり、エストロゲンなどのホルモンを分泌する。卵巣がんの早期発見は難しいことから、閉経後や、妊娠出産を終えた閉経間近の女性では、他の病気の手術時に一緒に摘出することがある。

 ところが、卵巣摘出はがん予防の利益よりも健康への悪影響の方が大きいとする研究が、米国で2005年ごろから相次いで発表された。 米国人女性約3万人に対する24年間の調査では、両方の卵巣を摘出すると、卵巣がんによる死亡の危険性は0.06倍になった。エス

トロゲンが発症に影響する乳がんは、死亡の明らかな低下はみられなかったが発症は減った。 しかし、卵巣を摘出した人は心筋梗塞や脳卒中が増え、がんを含めた全体の死亡の危険性は1.12倍高くなった。血管の老化や悪玉コレステロールの上昇を防ぐエストロゲンの働きが低下したためとみられる。年齢が若いほど影響が大きかった。

 米国産婦人科学会は、「卵巣がん・乳がんの遺伝的リスクがない更年期以前の女性には、正常な卵巣をなるべく保存するよう強く薦める」などの見解を出した。

 米国での動きを受け、日本産科婦人科学会の小委員会(小委員長・倉智博久山形大教授)は10年、全国の専門医療機関(743施設)に、がん予防目的での卵巣摘出についてアンケート調査を行い、483施設(65%)から回答を得た。「基本的に行う」との回答が351‐施設(73%)あり、条件として「ある年齢に達し本人が希望した場合」(30%)が最も多かった。年齢も「50才」(50%)、「45歳」(25%)と施設によって異なった。

 子宮がんや筋腫などの手術を受けた患者約4000人にもアンケートを行った。卵巣を両方とも摘出した人と、少なくとも片方温存した人を比較した。 45歳以下で卵巣を両方摘出した女性は、温存した女性と比べ、調査した五つの病気(更年期障害、高脂血症、骨粗しょう症、高血圧、糖尿病)すべてが増えていた。4650歳で卵巣を摘出した場合も、更年期障害、骨粗しょう症、糖尿病が、明らかな差はないものの増える傾向にあった。

 この結果から同委員会は11年6月、「50歳以下での摘出は慎重に判断するべきだ」との報告をまとめた。倉智さんは、「閉経後も卵巣はいくつかのホルモンを分泌している。50歳を過ぎても、卵巣摘出が健康にどのような影響があるか十分説明を受けた上で、判断し七ほしい」と説明する。 卵巣を摘出した場合は、何に気をつければ良いのか。東京歯科大市川総合病院産婦人科教授の高松潔さんは、「薬でエストロゲンを補う方法もあり、まずは定期的に検査を受けて、骨や血管の状態を確かめることが重要」としている。

2011/07/28 読売新聞夕刊

核酸の基礎知識はここをクリック

メシマコブの基礎知識はここをクリック

いきいき健康ニュース へ戻る