C型肝炎の新薬「テラビック」…難治性の7割に効果がある

C型肝炎の新しい治療薬(商品名「テラビック」田辺三菱製薬の報道発表資料はこちら)が9月に承認され近く発売されます。
難治性の患者さんが対象で、従来薬と併用して治療期間は短くなりますが副作用も強いことから、専門医のいる医療機関で処方されます。

 

 C型肝炎はウイルス感染によって起き、国内に約200万人の感染者がいると言われ、慢性肝炎が進むと肝硬変や肝臓がんの原因にもなります。治療はウイルスの増殖を抑える働きのある「インターフェロン」、「ペグインターフェロン*」の注射や、抗ウイルスの飲み薬「リバビリン」を用いています。ウイルスの型(1型、2型)と量によって、使う薬の組み合わせや治療期間は異なる。(*インターフェロンをペグ(PEG:ポリエチレングリコール)で覆うことにより、血中濃度が緩やかに変化するようにしたもので、治療回数を減らすことができる)

「1型・高ウイルス量」肝炎は最も治療が難しく、ペグインターフェロン(週1回注射)とリバビリン(毎日服用)を併用する治療を48週続けても、ウイルスを完全に排除できるのは49%でした。

 1.初めて治療を受ける「1型・高ウイルス量」肝炎患者に対し、ペグインターフェロン(商品名ペグイントロン)とリバビリンを24週併用し、「テラビック」を前半の12週間上乗せしたところ73%でウイルスが排除された。

 2.従来治療でウイルスが一度消えた後、再びウイルスが増えた患者では、88%に効果があった。

3.従来治療でウイルスが消えなかった患者では、34%にとどまった。

従来のペグインターフェロンとリバビリンの併用は48週から72週間とされていたが、新たな3剤併用治療は薬の効き目が強いことから治療期間は24週と短縮され患者のQOLも向上している。

 

 ただし、この3剤併用は従来の治療法よりも副作用も強く、発熱などに加え、貧血や重い皮膚炎の副作用が増える。治験では、皮膚炎や吐き気などで30%以上の人が治療を中止している。「必ず専門医のもとで使用してほしい」と厚生労働省研究班では言っています。


核酸の基礎知識
はここをクリック

メシマコブの基礎知識はここをクリック

いきいき健康ニュース へ戻る