膝の軟骨再生」治験開始へ 神戸大など

  神戸大と先端医療センター(神戸市)は、スポーツや事故などで傷ついた膝(ひざ)の軟骨を自分の細胞を使って再生させる治療について、国の承認を得るのに必要な臨床試験(治験)を今月内に始める。同種の取り組みでは、国内で最も早く保険がきく治療になると期待されている。

 この治療は、自分の膝に残っている軟骨から、数ミリリットルの細胞を注射で取り出して培養し、約10日後に欠損部に移植する。今月内に始める治験は20〜50歳の10人を予定。1年間経過を観察する。

 残った軟骨の一部を切り出して、そのまま移し替えるなどの治療法はすでにあるが、対応できるのは4平方センチ程度の傷。新方式なら、約9平方センチまで治療できるようになるという。

 軟骨の再生治療は欧米では2500例以上の実施例があるが、国内では取り組みが遅れている。責任者の神戸大・黒田良祐准教授(整形外科)は「今後、靱帯(じんたい)損傷を伴う膝のけがや高齢者に多い変形性膝関節症にも広げたい」と話している。

 

 重度の変形性膝関節症では再生ではなく人工関節置換術を受ける人もある、知人にも二人いる。術後のリハビリが約一ケ月間、それでもなかなか腫れと痛みが引かないようなことを二人とも言っているが、個人差もあるので一般的なこととは言えない。

人工関節についてネットでもいろいろな情報が得られる。
次の二つは代表的なものでしょうが、どちらも運営者は治療する側なのでその点を含んでお読みください。

人工関節ドットコム ジンマー株式会社

人工関節ライフ バイオメット・ジャパン株式会社

手術を受けた人の情報を見たければ「人工関節 患者会」で検索をかければ、いくつかの患者会HPがヒットしますので、これらも参考にされるとよいでしょう。

核酸の基礎知識はここをクリック

メシマコブの基礎知識はここをクリック

いきいき健康ニュース へ戻る