AICS アミノインデックスがんリスクスクリーニング

市の広報を読んでいたら AICS の受診が市立病院で出来ると書いてあった。
去年ぐらいから時々メディアに登場するAICSとはなんでしょうか?

アミノインデックス とは、血液中の各種 アミノ酸 濃度から、健康状態や疾病の可能性を明らかにする技術を活用した解析サービスです。この アミノインデックス を用いて血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人と癌である人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、癌であるリスク(可能性)を予測する検査を アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AminoIndex Cancer Screening:AICS)といいます。
癌の人では血液中の各種アミノ酸濃度バランスが変わります。AICSは、それをもとに癌に罹患しているリスクを予測する検査で、対象となる癌の種類は、胃癌・肺癌・大腸癌・前立腺癌(男性のみ)・乳癌(女性のみ)です。
癌に罹患している確率を算出した数値がAICS値で、0.010.0の間の値をとり、癌である確立が高いほど高値になります。
AICSを受診した1万人のAICS値を低い順から並べると、5.0未満の人が8,000人(このグループをランクAとします)、5.0以上8.0未満の人が1,500人(このグループをランクBとします)、8.0以上の人が500人(このグループをランクCとします)という3つのグループに分かれます。
AICSでは、値が大きいほど癌のリスクが高いのでランクA→ランクB→ランクCの順で癌のリスクが高くなるといえます。

 AICS検査に関する注意点
1AICS2590歳の日本人(妊婦を除く)を対象として開発された検査です。これらの方以外のAICS値は評価対象外となります。
2)食後8時間以上あけ午前中に採血する。
3)アミノ酸、核酸のサプリメント、アミノ酸含有スポーツ飲料、アミノ酸製剤、牛乳、ジュースなども食事同様控える。

費用は、保険未適用なので17,000円くらいかかります。

核酸の基礎知識はここをクリック

メシマコブの基礎知識はここをクリック

いきいき健康ニュース へ戻る