トップページ Top page


沿革  HISTORE
  • 当 協会は、自由が丘とエクサンプロヴァンスの友好関係に寄与する活動を行って、広く日仏相互間の理解と利益の増進に資することを目的に、2001年6月30 日に設立されました。母体は自由が丘商店街有志です。当初エクス向け奨学生派遣を事業の中心としましたが2006年に中断、現在、地元におけるもろもろの 日仏交流セミナーや外国の方の日本体験などのイベント開催に力を注いでいます

 自由が丘日仏協会のテーマ
THEME de la sociètè Franco-Japonese Jiyugaoka

  • 1.地域拠点の協会としての役割:
      まちづくり・文化・商業・観光等をテーマ 
    2.会員の活動とリンク
    (関連団体、企業、行政の活動と共催、協賛)
    3.フランス人・企業・文化人・アーティスト・青年を参加を促進
  •  
  • 連絡先

    • 自由が丘日仏協会

      Société Franco-Japonaise de Jiyugaoka

      〒152-0035
      東京都目黒区自由が丘1-8-9岡田ビル
      c/o㈱都市設計アトリエ・アイ内

      Tel  :03-5482-8723  Fax :03-6715-0970 
      e-mail : sfj_jiyugaoka@yahoo.co.jp 事務局 鹿島







■2016年10月2日
第2回自由が丘日仏協会杯ペタンク大会


 下記ペタンク大会は24チームの参加を得て晴天の中、盛大に行 われました。 結果は以下の通りでした。
 優勝:杉並桃井クラブA(山元、霜鳥、伊藤)
 2位:深川クラブシダー(杉山、中川、一之瀬)
  3位:杉並桃井クラブC(赤地、関口、織田)
  4位:自由が丘PC1(C・ヴォーグ、中村、吉川)




















  尚、同日行われた塩原運動公園での日本ペタンク選手権大会で  自由が丘女子チームが東京代表として3位の成績を収めました。








2015/11/15
自由が丘からの哀悼のメッセージ 



 Au nom des menbres de SFJ Jiyugaoka 
de SFJ Jiyugaoka
自由が丘日仏協会の会員はさる11月13日にパリで起きた同時多発テロで犠牲になった市民に深く哀悼の意を表すると共に、フランスの皆様に心からのお悔み申し上げます
 
Nous montrons une profonde tristesse aux victimes des attaques terroristes à Paris au 13 novembre ,et envoyons nos condoléances au peuple français .

1







■2015/10/25(日)
第1回自由が丘日仏協会杯親善ペタンク大会

Match Amical de Pétanque
Coup de Société Franco-Japonese de JIYUGAOKA   黒区緑が丘小学校 で行われました。都内7つのペタンククラブと地域団体・企業などの参加を得て、秋空の下、熱い闘いと同時に賑やかな親善の大会となりました。
      → ここをクリック
大会第1試合模様↓











2015/10/10
モンマルトル・ブドウ収穫祭に協会会員・遠藤由香さんがアコーデオン奏者で参加(自由が丘国際親善神輿の祭袢纏を着て)     Fête de vendage à Monmartre2015/ Yuka Endo a marché avec des Bretons en role d'accordéoniste  10 Octobre
ここをクリック 











  • 2015国際親善神輿
    今年も9月5日に開催いたしました。





  • 2015年マリクレールフェスティバル 5/22-24
    ニュース参照 ここをクリック
                          
  • 自由が丘日仏ペタンク・クラブ「オープン講習会」 2015/02/14(土)
    まだペタンク・ブールの冷たいこの季節、寒稽古ならぬトレーニング・イベントが行われました。 田園調布せせらぎ公園は快晴で、国際ペタンク指導協会から指導員を招き、協会内外の元気者が 集いました。  ニュース参照 ここをクリック
  • 2015目黒国際交流協会フェスティバル             自由が丘日仏協会として展示ブースでの参加をしました。                                                 


  • 2014/6/27
  • 講演会「最近のフランス事情<フランス・モデル>」瀬藤澄彦(帝京大学教授、本協会会員)  
    2014/6/27(金) 日仏協会定期総会の後、18時~ 会場:自由が丘バル・オットー

  • 2014年度定期総会での前年度活動報告としては、2013年4月から「ポティエ領事講演会」、マリクレール祭(ポティエ領事)、国際親善神輿(レジェ公使)、女神祭(ダヴィッド副領事)、新年会(ポティエ領事)と、主な行事にすべて大使館からご参加頂いたこと、ペタンククラブの活動が本格化し26名の国際指導協会登録者を数えるようになったことでした。  
    13年度の活動報告は画像記録で発表しましたので(PDF)でご覧ください。 
  • 瀬藤教授講演「フランスモデル」は、最近の大統領情報から政治状況、内需需要型経済モデルの〈フレンチパラドックス〉、破壊的格差論でブームになっているトーマ・ピケティの話から始まり社会構造、産業構造、文化に至る「フランス通になれる情報」をわかりやすく解説頂いたものです。 この会だけではもったいないので、画像入り説明を(PDF) ※4.4MB、でご覧いただけるようにしました。


  • 2014年日仏協会新年会、フランス駐日領事を迎えて
    新年会;1月24日(金)午後6時 
    会場:オアシスドリーム自由が丘
    出席者19名 東京領事ポティエ氏を囲んで 栗山会長より活動の報告と今年の抱負が述べられた。
    又、領事から日本に赴任してからの仕事やエピソードを紹介して頂き、 今年の活発な活動を期待させるような賑やかな歓談となった
    2014新年会
     


  •     

 

  
NEWS-TOPICS

.イベント:第2回自由が丘パネルトーク               参加希望者募集
    
テーマ: 「国際交流・共生と自由が丘」       

1. 内容:海外からの訪問者・居住者の問題を、EU
 日本での現状及び2020年に向けて自由が丘での
 対応等の視点で話し合うパネルトーク。
  なるべく参加者に討論をして頂く形式です。

 

 2.参加対象:当協会内外を問いませんが、
  国際交流、日仏交流に興味のある方。

 3.パネリスト:MIFA石渡事務局長、
  自由が丘日仏協会石川忠、中平信也、その他。

 4.日時:4月6日() 16時30~1930

 5.場所:あおぞら銀行フィナンシアルオアシス自由が丘
  /世田谷区奥沢5-28-1(自由 が丘駅南口3分)

 6..参加費:500円(飲物付)

 7.定員30人 申込先着順とします。

 8.申込、問合せ:3月31日まで、
  受付はメールで返信いたします。

   石川tel090-2647-7714又は 
     メール  atl.ishik@bc4.so-net.ne.jp  



予告!:今年8月22日 フランスで活躍するアコーデオン
 奏者Manu MAUGAIN をこのパーシモンホールに
 招いて日仏協会コンサートを行います。














 ■2017年2月5日
 第12回MIFA国際交流フェスティバル-3回目の参加
 アンサンブル・シャンソン

  パーシモンホールのブースで日仏協会活動のの紹介をした他、
 大ホール舞台では、協会シャンソン・クラブが往年の名曲4曲
 Sous le ciel de Paris , La mer, Sous les ponts de Paris ,
 Les Champs-Elyseesをフランス語で合唱(ピアノ、アコーデオン、ギター
 伴奏)。 昨年に続く2回目の出場でした。
  今後に向け、一般公募で合唱、合奏メンバーを募っています!
















  



2016年12月6日
第1回 自由が丘パネルトーク
 (「交流セミナー」改め)


テーマ:自由が丘・東京・パリの街並み

 
日仏協会員の他、一般区民や地元街づくり関係者、東京都市大学生の参加

を得て、あおぞら銀行の協力でフィナシアルオアシス自由が丘で、

「全員パネリスト」の原則で活発な討論が交わされました。

○2002エクサンプロバンス市を招いた日仏景観シンポジウムの復活

日本とフランスの都市景観を比較する。
(自由が丘、東京、パリ)

街並を<国民性>や社会構造の違いで分析

○自由が丘の街
の将来ーーーーーについて討論。
            今後、一般参加者も募り、様々なテーマでパネルトークを行います。
 来年3月末の第2回は「多文化共生と自由が丘」を予定しています。






■2016/9/3


国際親善神輿

今年は9月3日に開催いたしました。海外からの参加者は30数名(フランス、ドイツ、アメリカ、ロシア、ウズベキスタン、ブルガリア、台湾の皆さん)4時より7時まで自由が丘町内を神輿を担いでいただき、最後はバービキューで賑やかな交流の時間を過ごしました。

  • 2016/8/01
  • ■`2016国際親善神輿募集
    今年も9月3日に開催いたします
  • 自由が丘熊野神社例大祭宵宮
    国際親善神輿担ぎ(9/3)への参加者募集
    →申込書(PDF
  •  

    INVITATION SOIREE DECOUVERTE Mikoshi

    Manifestation traditionnelle du quartierJiyugaoka
    →Bulletin d'inscription (PDF)
  • International Mikoshi Festival of Jiyugaoka Click here for Application Form (PDF)

    2016/2/7 目黒国際交流フェスティバル
  • ●Membres de la société F-J Jiyugaoka ont chantè
    des chansons populaires en Français à la scène de fête amicale internationale de Meguro le7 febrièr.


    目黒国際交流フェスティバル2016年 2月7日 
      舞台出演とブース展示をおこないました。
    場所:めぐろパーシモンホール(目黒区八雲1-1-1)
    大ホール舞台:CHANSONS en Français,/11:10~11:30(会員数名出演)
    ブース展示: 映像とアクセサリ、ハーブティ展示販売/10:00~16:00(談話コーナー)
     大ホールでのシャンソンは島津とも子(愛の賛歌)、伊藤聖美(Frou frou)、伊藤由紀美(Je te veux),河津延樹、Olivier Huet(Tombe la neige)、長谷川墨子,吉川明美、鹿島英子(合唱)と遠藤由佳(アコーデオン)、田野井恵(フルート)、川西真美(ピアノ )の出演、最後に会場の皆さんも交えてAux Champs-ellisees)でした。 日仏協会員によるシャンソンのデビューとなりました。




2014年12月
  • 自由が丘日仏ペタンククラブの活動報告2014年後半
    ・ペタンクはフランス発祥で勝手な表現をすれば「多種地面適応・空中カーリング」、「小さな公園でピクニック感覚のボールゲーム」、「お洒落生涯スポーツ」又は「初心者・上級者の混合できる球技」などの側面があります。クラブとしては2年ですが、登録会員は26名になりました。 ・昨年の練習日は毎週2回、都内各種大会・研修会に参加しました。
    今年からは「選手志向」、 「好きな時参加」、「地域住民参加」のどれをもなるべく受け入れる態勢を狙っていきます。
    ニュースをご覧ください



  • 2014/12/8
  • 日仏協会忘年会
    「フランス語でシャンソンを歌う会」

    ・12月8日(月)6時より
    ・会場:自由が丘バル・オット- 趣旨:関本さんの叙勲報告と「原語シャンソン・カラオケ」をテーマに
    ・出席者22名:今回は友好団体「パリクラブ」より猪瀬、宮原両氏 の他「目黒国際交流協会」より石渡氏などを迎えてご挨拶やシャンソン をご披露いただきました。
    ・シャンソンは遠藤さんのアコーデオン伴奏もあり、「C’EST SI BON」をテーマ曲に 「SANS TOI MAMIE」、「LA MER」等々を熱唱しました。今後、過去のシリーズ 「フランス語入門サロン」の延長線でも、定期的に行いたいと思います。


  • 関本初代会長のフランス国家功労省授賞式
    2014年10月10日
    日仏文化交流での功績、特筆すれば自由が丘日仏協会の立上げと活動の指導的役割及び パリクラブでの永年の貢献によってCommandeur de l’ordre national du Mèrite(標題功労賞)  を受けられました。ニュースをご覧ください
  • 2014国際親善神輿 9月6日
    今年も海外から担ぎ手の多数参加があり、
    ポティエ在日フランス領事 cousul Jean-jaques Pothierも迎えて盛大に行われました。 ニュースをご覧ください