8、5、2、0は、AOIさん家のお子さまの年齢。
男の子ばかりの4人の兄弟。6人家族。
少しの間、母AOIさんは、ツーリングは我慢の時期。
でも、みんなとワイワイやりたいよ、と言うわけで、
AOIさんちで、集まった。
お手製の餃子をたらふく食べようと言う企画。
大阪から、わざわざむねちゅうさんも来て、
楽しい会になりました。
しかし、不思議な集まりだ。1年前は、みんな他人だったのに。


朝から晴れた。バイクで行こうと思っていたので、ほっとした。いかに近いとはいえ、やはり雨の中を走るのは気が進まないし、みんなで集まっても何だか冴えない気がしていた。でも、晴れ。最近は、バイク晴れ男になっている自分に、心の中でニンマリ。12時の集合を目指して、11時半(12時に着く分けないだろう)に出発。バイクのパニアには、AOIさんご要望のジュースがたっぷり。そして、自分で飲みたい秘密の飲み物も忍ばせていた。
AOIさんちは近い。住所を手がかりに場所を調べたら、なんだ東名の横浜・町田で降りたら10分程度の所じゃないか。大和市なんて言うから、もっと山の中だと思ったら、便利、便利。246号線でも繋がっているご近所さんだ。まあ、少しでも早くと東名に乗ることにした。我が家から東名の用がインターまでは、10分程度。普通なら、混んでいなければの話だが、案の定土曜の昼は環8が渋滞。わずかな距離なのにたっぷり時間がかかる。と言っても20分程度で高速の上。乗ったとたんに、「混んでいないだろなあ」と多少不安になるものの、高速なら多少すり抜けはできる。下よりは速いだろう、と思ったものの意外に順調。川崎まではノンストップで走りきる。川崎の料金所で、やや渋滞。一度は知り始めたが、表示では青葉から厚木まで9キロ渋滞とある。青葉頭なら、降りたい横浜・町田までが渋滞と言うことやンか。あと、5Hと言うところから、やはり渋滞が始まった。
高速での渋滞は、バイクに乗っていると、とてもよくある。渋滞と言っても全く止まってしまう渋滞から、60H程度で走れる渋滞まで様々だ。今日の渋滞は、相当重体。ほぼ止まった状態が続く。こんな時は、仕方なくすり抜けをする。バイクに許された数少ないメリットである。でも、絶対に無理はしない。特にスピード。クルマとクルマの間を抜けるときは、とても慎重になる。すり抜けなんかでトラブルを起こしたくないし、怪我もしたくない。最後の手段だから、別にここで速く走ろうとは思わない。すり抜けるときは、一台ずつが原則。次に自分が行く場所をきちんと見定めて、そこに行く。そして次の場所を決めてそこに行く。実に用心深く走る。だから、必然的に遅くなる。後ろからバイクが来たら、すぐに譲る。すり抜けの先頭は、もっと危険。先に行ってもらって着いていった方が楽だし、安全。これに限るのだ。
と言うわけで、ほとんど止まった東名を仕方なくすり抜けようと思ったその瞬間。後ろにバイクがちかずいてきて、「ビー、ビー」クラクションを鳴らす。ミラーでちらっと見たら、大型のスクーターのよう。「なんじゃ、嫌な感じだなあ。すり抜けなくても良いじゃないか。行きたければ、先に行けよ。ついて行くから、うふふ」と思い、真横に並んだバイクを見ると、シールドをあげたヘルメットの中から、笑顔が覗いている。「おっ、KOJIさんだ。」目的地、時間が同じとは言え、こんなところで会うなんて、奇遇も奇遇。「こんちわ」と声を掛けてきた。X4は、後ろ姿が特徴があってすぐ分かるという、しかも、私の場合大きなパニアに、「J」のシールが貼ってあるので、一目瞭然。見つかってしまったのだ。

     写真 手前がririさんX4。後ろがKOJIさんFJR1300。書かなくても分かるか。
      後ろを走るのは、AOI一族、第二王子。気が強いけど、甘えん坊。

KOJIさんとririさんは、ご夫婦である。ririさんが最初にBBSに来てくれた。同じX4に乗っているからだろう。いつも他の方の書き込みに答えて、楽しい話題を提供してくれる。いつでも、何にでも積極的で、怖いもの知らずの飄々女性だ。BBSに仲間が増えて、こうして会うことができるようになったのは、ririさんの性格に寄るところも大きい。細かいことは気にしないririさんらしさが、他の方々の気軽さを生んだのだと思う。Keiちゃんの大型合格祝い「大型新人誕生パーティー」にも遅い時間だったのに来てくれた。初めてあったのはこのときだった。その時、KOJIさんも来てくれた。BBSでは、顔を出していなかったけど、きっとririさんが心配で来たのだろうけど、その時もニコニコ顔で、とても感じのいい人だった。それから、KOJIさんもちょくちょくBBSに顔を出してくれるようになった。いまでは、顔なじみである。この夫婦は、ともかく凄いと思う。二人で、大型を取りに行こうと決めて、二人で取った。そして、すぐに二人とも大型を手に入れた。ririさんが、X4で、KOJIさんがFJR1300である。二人とも涼しい顔して、凄いバイクに乗っている。全然無理している感じがしない。私などX4でフーフー言っているのが、何とも情けなくなる。そして、二人で、ぴたっと張り付いて、どこでも走る。仙台までも、風の中をやってきた二人である。なんとも羨ましいの一言につきる。むねちゅうさんが、ririさんの長い、デコレーションたっぷりの爪を見て驚いた。「あんた、そんな爪でX4乗ってはんの?えらいこっちゃ。」とても、象徴的な言葉だった。
KOJIさんの先導で、AOIさんちは難なく到着。近づくと、ガズやんの姿が見える。子供を抱いているのは、yAsさん。AOI一族のドンである。「やあ」と挨拶を交わす。この感じが好きだ。前回会ったときとの時間が一瞬に消え去る。昨日もあっていたような気になる。とても不思議で、とても嬉しい。バイクを止めた後、カズやんが、「うちの眠り姫です」と紹介してくれたのは、そうそう、バイクの上でうつぶせて寝ている写真が印象的だったカズやんの娘さん。活発で、男の子ぽいのが、カズやんの心配事。大丈夫。年頃になったら綺麗に、女性ぽくなりますって。

写真 熱心に自らのバイクのシートのはずし方を、むねちゅうさんに解説するカズやん。確かに変わっていて、シート後部のバーを引くと開く仕組み。最初は分からず、ネットで質問したそうだ。
後ろにちょっと見えるのが、眠り姫。右が、むねちゅうさんの奥様。

今日、わざわざ大阪から、遠路はるばるやってきてくれるのは、むねちゅうさんご夫婦。世の中に、餃子を食べるためだけに、大阪から神奈川まで朝6時に出発して来てくれる人がいるだろうか。7時間近くクルマを走らせて、しかも日帰りで、来ちゃうのだ。これまた凄い人だ。でも、むねちゅうさんに会ったことのあるのは、カズやんだけだったし、むねちゅうさんも、会ってみたかったのだと思う。そんな思いになって、来ちゃうのだから、今回はクルマだったとはいえ、バイク乗りの感覚は、理解しがたいものがある。でも、それは、凄く嬉しい常識はずれだ。

もともとカズやんもX4に乗っていて、その繋がりで、HPに来てくれた。初めてから1年、2年の頃だったと思う。まだ数少ないBBSの仲間の頃で、古いつきあいになっている。その後、カズやんとむねちゅうさんは、二人で信州にツーリングに行っている。私は知らなかった。ツーリングから帰ってきてから、二人で行きましたと書き込みがあった。なんで誘ってくれなかったんじゃーー、と一瞬思ったけど、BBSがきっかけで、二人がツーリングに行くまでになったことの方が嬉しかった。そのことはむねちゅうさんも書いていた。次は誘ってね、ということでますます仲間意識になった気がする。そして今日、その生むねちゅうさんに会えるのだ。それも今回の楽しみの1つだった。8月には一緒にツーリングに行くことになっている。だから、今回会えるのが、とても嬉しいのだ。カズやん、むねちゅうさん、これまた不思議な関係で、ずっとつづけばいいなあ、と思っている。
写真 これが「生むねちゅうさん」。カズやんしか知らなかったその姿が明らかになった。会ってみたら、おもろいオッサンだった。奥様も気さくな方でした。

今日の仲間が全員そろった。AOIさんちは、餃子の材料でいっぱいだ。普通の「肉」、そして「キムチ」。さらに「梅味」まである。ボールにたっぷりの材料。AOI第一王子も見事に手伝い、餃子を包んでいる。庭には、キャンプ用のコンロが出されて、フライパンが二つ。焼く準備も整っている。ririさんとAOIさんが、せっせと包む。つぎつぎに餃子ができあがる。
なのに、男たちは、一向に部屋にやってこない。表に停めたバイクの前で、バイクの話に熱中している。一台づつ丁寧に、見て、話して、バイクに夢中になっている。AOIさんが「食べましょー」と言っても全然動かない。困った人たちだ。(私もそうでした。)
ようやく部屋に入って、餃子パーティが始まった。大人が8名。子供が4名。(第四王子は寝ていました。)狭いよとは言われていたけど、さすがにこれだけの人数では、どんな家だって狭くなる。でも、何だかみんなの距離が近くて話しやすい。ワイワイ話しながら、パーティが始まり、餃子が次々に焼き上がった。噂のスープも登場、ririさんはサラダを持ってきてくれた。これまた大量。カズやんがお気に入りで、パクパク食べていた。この人草食なのだろうか。梅味の餃子は初めてだったが、めちゃ美味かった。これは真似してみたい。炭火焼きのチキンも焼き上がり、豪華な昼食である。みんなニコニコしながら、餃子を食べた。次々に焼き上がる。AOIさんは「まだまだたくさんあるよーー」と残るのが心配そう。大丈夫。焼けば全部食べちゃうよ。

写真 これが飽き上がった餃子。もっと綺麗に焼き上がったのもたくさんあったけど、写真を撮る暇もなく食べてしまった。でも、美味しそうでしょ。

ところで、パーティー中の写真が全然ないことに帰ってから気が付いた。部屋に入っている間は、ほとんど食べていたので、写真のことは忘れていた。自分で持っていたノンアルコールのビールに気分だけ酔っていたのかも知れない。AOIさんごめんね。でもそれくらい美味かったってことだよ。
この餃子をせっせと焼いてくれたのは、AOIさんのご亭主yAsさんだ。この夫婦もなかなか面白くて、AOIリードの元、ご亭主も存在感ありありなのだ。AOIさんがベタ惚れという感じを感じ取ったのは、私だけではあるまい。亭主と子供たちのいる幸せに浸れることがうれしいよお、とAOIさんの表情ひとつひとつに溢れている。なにしろ6人家族で、食費一ヶ月3万円なのに、それがまた楽しそうな家族なのである。でも、バイクは3台。2台がBMW。誰が見ても、苦しい家計とは思えないのだけどね。

写真 せっせと餃子を焼くyAsさん。男の子ばかり4人の父親である。3年おきの子供だから、長男大学、次男高校、三男中学の同時入学が考えられる。でも、そんなこと全然気にしていない様子。CB400を修理して、喜んでいる。バイクの話をしていると、生き生きしている。(写真右)うーん、子供が男の子ばかり5人と思った方がいいのかなぁ。

ひとまずお腹がいっぱいになると、また表に繰り出す。バイクのそばで、バイクの話。いくら話してもバイクの話題は尽きない。一晩中でも話しているだろう。ほんとに不思議な人たちだ。(私もだ。)yAsさんのバイクの知識はただ者ではない。でも、バイク屋さんというわけではない。BMWの構造の話が次から次に出てくる。そして、最近レストアしたCB400の話。とても面白い。自分ではとてもできないけど、yAsさん独自のバイクの愛し方だと思う。カズやんもバイクには詳しい。自分で、何でもやるタイプだ。なのにこないだも、キャブレターからガソリンが噴き出したという。だからいっそう話が面白い。みんな、どこかバイク馬鹿なのである。
そんなとき、AOIさんから報告が入った。ecozyさん、さくらさん、二人とも免許合格の知らせだ。すごい、やったー、おめでとーーー、だ。なんだか、みんなで心配して、みんなで合格したような気になった。帰ったら早速おめでとう書き込みだと、みんなが思ったに違いない。こういうのも凄く嬉しい。何の繋がりもなかった人たちなのに、いつの間にか自分のことのようにみんながみんなを心配している。気に掛けている。良いことがあれば、喜んでいる。うわべだけの繋がりだからと、揶揄されるかも知れないけど、ほんと、みんな、正直に心配なんだよ。正直に嬉しいんだよ。ちゃんと繋がっているんだよ。
keiちゃんからも電話が入った。北海道をバイクで放浪している。今日のこと知っていて、みんながいるだろうとAOIさんに電話してきた。順々に電話を替わって、Keiちゃんと話す。やっぱり仲間だよと思う。いい仲間がいて良かったと思う。
今日一日、いいことがいっぱいあった。2004年5月15日、この日を忘れない。

写真 全員集合(KOJIさん提供写真)。真ん中が、第四王子。バイクはAOIさんのBMWです。なんだかちょこちょこ乗っているようです。yAsさんには秘密でね。

こうして、「第一回餃子パーティー」は無事終了。いつか全員で会いたいね、と言葉を交わして家路につきました。むねちゅうさん、遠路はるばるありがとうございました。8月に会いましょう。カズやん、お疲れさまでした。眠り姫、またも眠り姫でしたね。8月は、カズやんもだよ。riri&KOJIさま。お疲れさんでした。餃子パワーでテニス優勝だそうで、おめでとうです。そしてyAsさん、ありがとうございました。偏った趣味の話は本当に面白いです。また聞かせてください。そして、そしてAOIさま、本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました。AOIさんのパワーにはいつも驚きです。どんなことでも明るく解決しようとする生き方が大好きです。バイクで出かけられなかったら、自分の家に呼んじまおうと言う発想が大好きです。大胆な発想と明るさが、AOIさんの回りの人たちを幸せにしています。つられて大阪からも来た人までいましたね(誰?)。おかげさまで、またひとつみなさんとの楽しい思い出ができました。感謝、感謝です。