ご推薦
京都大学名誉教授
武田総合病院院長
 半田 肇 先生

序文…………………………………………………………高倉公朋
第1章 脳腫瘍治療への挑戦
 1.転移性脳腫瘍: ガンマナイフの適応と限界………平井達夫
 2.リポゾームによるターゲット療法…………………柿沼健一
 3.熱外中性子捕捉療法…………………………………松村 明
 4.音響化学療法…………………………………………野中 将
 5.RF組織内温熱療法……………………………………中隆一
 6.血液脳関門関連蛋白…………………………………池崎清信
 7.グリオ−マ治療………………………………………有田憲生
第2章 ニューテクノロジーの治療への応用
 1.微小手術操作支援システム…………………………奥寺 敬
 2.テレマイクロサージェリシステム…………………光石 衛
 3.コンピューター外科………………………………佐久間一郎
 4.排尿のための機能的電気刺激Vocare system…… 堀 智勝
 5.機能的電気刺激FreeHand system…………………大隈 功
 6.再生医学と脳神経外科………………………………山田圭介
 7.低侵襲脳神経外科……………………………………玉木紀彦
第3章 遺伝子治療の最前線
 1.脳腫瘍の遺伝子治療…………………………………中原紀元 
 2.脳虚血の遺伝子治療…………………………………阿部康二
 3.神経疾患に対する細胞移植・遺伝子療法…………伊達 勲
 4.脳動脈瘤と遺伝子……………………………………恩田英明
第4章 脳神経外科の新領域
 1.機能疾患に対するガンマナイフ治療………………中谷幸太郎
 2.末梢神経外科の展開…………………………………山上達人
 3.痙縮の脳神経外科的治療……………………………平 孝臣
 4.脊椎外科におけるインストルメンテーション……師田信人
 5.不随意運動症に対する脳深部電気刺激……………片山容一
 6.自己血輸血……………………………………………富士武史
 7.Stroke Care Unitと脳神経外科医…………………豊田章宏
 8.これからの脳ドックの行方…………………………山中千恵
第5章 神経科学の脳神経外科への応用
 1.分子脳神経外科………………………………………山中龍也
 2.神経幹細胞-脳の再生医学への応用……………… 中福雅人
 3.水頭症の新概念と治療………………………………大井静雄
 4.一酸化窒素による脳循環調節と脳神経外科……安屋敷和秀
第6章 新しい診断・計測技術
 1.AMIN画像解析システム………………………………佐藤 透
 2.高速造影MRA………………………………………… 西山義久
 3.MRIによる脳内温度分布の非侵襲画像計測……… 黒田 輝
 4.歩行動態解析と脳神経外科疾患……………………岡田芳和
 5.不随意運動と機能的MRI…………………………… 高橋章夫
第7章 新しい術中モニタリング
 1.術中赤外線サーモグラフィー………………………岡田芳和
 2.視覚機能温存とモニタリング……………………近藤惣一郎
 3.皮質電気刺激による脳機能マッピング……………星田 徹
第8章 バーチャルリアリティ
 1.脳神経外科におけるバーチャルリアリティ………伊関 洋
 2.MicroneurosurgeryのComputersimulation……… 小山 徹
 3.仮想内視鏡……………………………………………和田 淳
第9章 手術機器の技術革新
 1.超音波駆動メス………………………………………川俣貴一
 2.アルゴンプラズマ凝固法……………………………宮澤隆仁
 3.内視鏡外科の最先端…………………………………上川秀士
 4.SurgiScope手術支援システム………………………新井 一
 5.経頭蓋磁気刺激の臨床応用と将来…………………島本宝哲
 6.Open MRIの臨床応用…………………………………橋本卓雄
 7.Lab VIEWの臨床応用…………………………………梶本宜永
 8.蛍光色素の脳神経外科手術への応用………………黒岩敏彦
第10章 光・光学の応用
 1.近赤外線分光法の応用………………………………酒谷 薫
 2.紫外光と脳血管攣縮…………………………………中井完治
 3.内因性光学イメ-ジング法によるモニタリング…大野喜久郎
第11章 各種製品の臨床評価
技術資料編 各社製品に関する技術資料