呼吸器疾患 最新医療と21世紀への展望

ご推薦
自治医科大学名誉教授、埼玉県立大学教授
 北村 諭 先生
"本書のように、先端医療に関して全ての呼吸器分野を網羅した書物は他に見当たらない。"

日本呼吸器学会前理事長、熊本大学教授
 安藤正幸 先生
"本書は、呼吸器外科医・内科医、実地臨床医家、研修医、医学生にも役立つ"

呼吸器疾患 最新医療と21世紀への展望

本書を推薦する……………………………………………北村 諭
本書を推薦する……………………………………………安藤正幸
序文…………………………………………………………末舛惠一
第1章 呼吸器系の分子生物学
1.呼吸器病態解明のゲノム医学…………萩原弘一、貫和敏博
2.肺リモデリングの最新知見…………………………居石克夫
3.気道免疫防御機構と肺サーファクタント蛋白質…黒木由夫
4.間質性肺疾患の発症機構と病態生理………………高橋弘毅
5.肺癌の遺伝子診断……………………………………千葉 渉
6.呼吸器疾患の遺伝子治療……………………………藤原俊義
第2章 画像診断法の進歩
1.経時的差分画像法の肺癌検診への応用…………佐々木康夫
2.Xe-CTによる肺機能診断…………………………… 池添潤平
3.コーンビームCTによる肺の診断……………………小林尚志
4.肺癌のヘリカルCT&MDCT診断……………………… 森山紀之
5.MRAによる肺疾患の診断…………………………… 藤川光一
6.FDG-PETによる肺癌診断………………………… 東 光太郎
第3章 気管支鏡の進歩
1.超音波気管支鏡による横隔病変の診断……………田中文啓
2.超音波気管支鏡による肺野末梢病巣の診断………栗本典昭
3.拡大気管支鏡による診断………………山田 玄、阿部庄作
4.蛍光気管支内視鏡:原理と機器……………………藤澤武彦
5.蛍光気管支内視鏡:早期肺癌の診断………………楠 洋子
6.超高感度気管支鏡システムの開発と応用…………大崎能伸
第4章 気管支喘息とCOPD
1.COPDの画像診断と肺機能……………………………三嶋理晃
2.非侵襲的人工呼吸法−在宅人工呼吸………………大井元晴
3.肺気腫のchest wall mechanicsと外科療法………千原幸司
第5章 肺感染症
1.HIVにおける肺感染症の最新知見………………… 岡 慎一
2.インフルエンザ感染………………………………柏木征三朗
3.多剤耐性肺結核に対する外科療法…………………中島由槻
4.結核病棟を持たない病院の対策……………………安場広高
第6章 肺疾患の外科的治療の最前線
1.上大静脈症候群に対する外科的治療とその動向…岡田昌義
2.肺機能温存からみた外科治療の方針………………菊池功次
3.転移性肺腫瘍の現状とその治療対策………………新田澄朗
4.Volume reduction surgeryの実際と問題点………白日高歩
第7章 肺癌
1.末梢血中の肺癌細胞の検出…………………………平澤路生
2.Tumor Dormancy Therapy……………………………高橋 豊
3.気管支腔内照射療法…………………………………馬場雅行
4.Concurrent Chemoradiotherapy………井上 彰、国頭英夫
5.肺癌の重粒子線治療…………………………………宮本忠昭
6.肺野小型肺癌に対する縮小手術……………………坪田紀明
7.レーザーによる光線力学的治療法…………………奥仲哲弥
8.抗癌剤の副作用に対する新しい対策法……………曽根三郎
第8章 人工材料による臓器の再建・修復
1.人工材料を用いた胸壁再建……………………………池 修
2.生体吸収性接合ピンを用いた胸壁再建……………北野久司
3.気道狭窄のステント治療………………近藤和也、門田康正
4.液体呼吸…………………………………沢田茂樹、清水信義
第9章 肺移植
 1.肺移植の動向(日本、世界)……………………藤村重文
2.脳死肺移植症例報告………………………………三好新一郎
3.生体肺移植症例報告……………………伊達洋至、清水信義
4.臓器保存……………………吉村誉史、乾 健二、和田洋巳
5.同種気管移植・気管バンク………………………横見瀬裕保
第10章 胸腔鏡下手術
1.胸腔鏡下手術の普及と今後の展望…………………乾 健二
2.Needlescopic surgery………………………………山本英博
3.自然気胸に対する胸腔鏡下手術……………………栗原正利
4.肺癌に対する胸腔鏡手術……………………………成毛韶夫
 5.多汗症に対する細径内視鏡下手術………………大田守雄
6.転移性肺腫瘍…………………………………………川原克信
第11章 呼吸器用薬剤開発に関する最新情報
1.鎮咳薬…………………………………………………多田慎也
2.去痰薬…………………………………………………三上正志
3.抗アレルギー薬………………………………………黒沢元博
4.ステロイド薬……………………………石浦嘉久、藤村政樹
5.気管支拡張薬・喘息治療薬…………保澤総一郎、春田吉則
6.抗結核薬開発の現状と課題…………………………森  亨
7.新規抗癌剤開発の現状………………………………西條長宏
8.緩和医療における新しい薬理学的アプローチ……西脇 裕
第12章	各種製品の臨床評価(技術資料編)