本書を推薦する…………………………………………高久史麿
本書を推薦する…………………………………………小澤和恵
本書の刊行に際して………………………森岡恭彦、鎌田武信
序文……………………………………………………戸田剛太郎
第1章 消化器疾患診療の21世紀への展望
 1.遺伝子治療…………………………………………田原秀晃
 2.腫瘍特異的免疫療法…………………定永倫明、森 正樹
 3.幹細胞を用いた再生医療…………………………吉里勝利
 4.サイトカイン療法…………………………………吉崎和幸
 5.消化器癌のChemoprevention…………………… 川野 淳
 6.Tumor dormancy therapy…………………………高橋 豊
 7.DNAアレイによる包括的悪性度診断…………… 森 正樹
 8.人工臓器……………………………………………山岡義生
 9.ロボティックス………………………森川康英、北島政樹
 10.消化器核医学…………………………………… 柏木 徹
第2章 消化器疾患の分子生物学―病態解明に向けて
 1.肝線維化の分子生物学……………………………岡崎 勲
 2.消化器癌とテロメラーゼ…………………………中西敏夫
 3.消化管ホルモン……………………………………千葉 勉
 4.HBV、HCVと肝発癌…………………………………小池和彦
 5.Helicobacter pyloriの分子生物学的研究…… 浅香正博
 6.C型肝炎ウイルス遺伝子構造と病態…………… 榎本信幸
 7.肝再生とその制御…………………………………坪内博仁
第3章 腫瘍マーカーと遺伝子診断
 1.Micrometastasis:診断法の進歩… 北川雄光、北島政樹
 2.早期癌腫瘍マーカー…………………鬼島 宏、長村義之
 3.アルファフェトプロテイン………………………青柳 豊
 4.MUCと消化器癌…………………………………… 今井浩三
 5.膵癌の遺伝子診断…………………………………澤武紀雄
 6.遺伝子解析による消化器癌発癌予測……………加藤 洋
第4章 臓器移植と再生
 1.小腸移植……………………………………………岡田 正
 2.肝臓移植……………………………………………嶋村 剛
 3.膵・膵島移植………………………………………寺岡 慧
 4.膵臓の再生…………………………………………井上一知
 5.幹細胞を用いたミニ肝臓の形成……寺田邦彦、杉山俊博
 6.人工肝臓……………………………………………杉町圭蔵
第5章 主な消化器疾患の最新治療
 1..Helicobacter pyloriの感染診断と除菌療法…寺野 彰
 2.潰瘍性大腸炎………………………………………下山 孝
 3.クローン病…………………………………………日比紀文
 4.胆石症………………………………………………税所宏光
 5.自己免疫性膵炎……………………………………早川哲夫
 6.膵石の非手術的療法………………………………平井孝典
 7.C型肝炎のインターフェロン療法……………… 熊田博光
 8.肝炎とラミブジン療法……………………………谷川久一
 9.肝性脳症治療の進歩………………………………渡邉明治
第6章 肝癌の局所療法
 1.マイクロ波凝固療法………………………………関 寿人
 2.エタノール注入療法とその変法…………………山崎隆弘
 3.ラジオ波凝固療法………………………………椎名秀一朗
 4.レーザー蒸散療法………………………………戸田剛太郎
第7章 悪性腫瘍の手術法の進歩
 1.食道癌…………………………………塩崎 均、門田守人
 2.膵癌…………………………………………………田中雅夫
 3.直腸癌………………………………………………白水和雄
 4.胃癌…………………………………………………北村正次
 5.肝癌…………………………………………………皆川正己
 6.胆道癌………………………………………………加藤紘之
第8章 内視鏡の進歩
 1.蛍光内視鏡による消化器癌診断……荻原達雄、佐藤信紘
 2.電子内視鏡を用いた血流機能画像化……………辻 晋吾
 3.膵管内視鏡による膵癌診断………………………加嶋 敬
 4.超音波内視鏡の進歩………………………………村田洋子
 5. 3次元超音波内視鏡………………………………芳野純治
第9章 内視鏡下手術
 1.腹腔鏡下手術の進歩………………………………大橋秀一
 2.内視鏡下胃粘膜切除術(EMR)の適応拡大…… 上堂文也
 3.早期食道癌に対するレーザー治療………………幕内博康
 4.食道静脈瘤治療の進歩……………………………鈴木博昭
第10章 IVRとステント療法
 1.門脈圧亢進症のIVR……………………………… 中村健治
 2.転移性肝癌に対するリザーバー動注療法………荒井保明
 3.食道・胃ステント療法……………………………澤田 敏
 4.胆道ステント療法…………………………………斎藤博哉
第11章 画像診断と進歩
 1.肝・胆・膵のCT診断………………………………荒木 力
 2.肝細胞癌のMDCT診断…………………村上卓道、中村仁信
 3.肝・胆・膵のMRI診断……………… 佐藤浩三、湯浅祐二
 4.肝・胆・膵の超音波診断…………………………森安史典
 5.Xe/CTによる肝血流測定………………………… 門田守人
第12章 薬剤開発に関する最新情報
 1.上部消化管運動機能障害用治療薬………………原澤 茂
 2.過敏性腸症候群の新しい治療薬…………………松枝 啓
 3.消化管感染症の治療薬……………………………上野文昭
 4.ウイルス肝炎の新しい治療薬……………………林 紀夫
 5.自己免疫性肝疾患の治療薬………柴田 実、三田村圭二
 6.胆道・膵疾患治療薬開発の動向…………………中村光男
第13章 各種製品の臨床評価