序章 腎臓病診療の変遷と展望 浅野 泰
第1章 腎臓病診療の21世紀への展望
 1.遺伝子治療…………………………………………………………今井圓裕
 2.腎発生の分子メカニズムと腎再生への展望……………………和田 淳
 3.メサンギウム細胞特異的に発現する新しい分子種の同定と
   機能の解明………………………………………………………今澤俊之
 4.腎移植の現状と問題点……………………………………………大島伸一
 5.透析療法の限界と展望……………………………………………斎藤 明
 6.腎・尿路疾患に対するレーザー治療……………………………内田克紀
 7.腎臓病のEBM……………………………………………………… 伊藤貞嘉
第2章 腎臓病の分子生物学−病態解明に向けて−
 1.腎臓病とアポトーシス……………………………………………清水 章
 2.補体、補体調節蛋白………………………………………………松尾清一
 3.一酸化窒素と酸化ストレス………………………………………藤乗嗣泰
 4.ケモカイン…………………………………………………………和田隆志
第3章 原因遺伝子の解明と治療の新しいコンセプト
 1.アルポート症候群…………………………………………………堅村信介
 2.先天性ネフローゼ症候群………………………………………清水不二雄
 3.遺伝性巣状糸球体硬化症…………………………………………関根孝司
 4.近位尿細管性アシドーシス………………………………………関 常司
 5.多発性嚢胞腎………………………………………………………望月俊雄
 6.Bartter症候群、Gitelman症候群……………………………… 林 松彦
 7.Liddle症候群……………………………………………………北村健一郎
 8.Dent病(特発生尿細管性蛋白尿症)…………………………五十嵐 隆
 9.腎性尿崩症………………………………………………………佐々木 成
第4章 糸球体疾患の最新治療
 1.急性腎炎症候群……………………………………………………服部元史
 2.急速進行性腎炎症候群……………………………………………山縣邦弘
 3.膜性腎症……………………………………………………………今井裕一
第5章 続発性腎疾患の最新治療
 1.糖尿病性腎症最新治療21世紀への展望−膵・膵島移植と
   膵再生医療からのアプローチ−………………………………槇野博史
 2.高血圧性腎障害……………………………………………………後藤淳郎
第6章 腎不全・透析療法
 1.急性腎不全…………………………………………………………米村克彦
 2.慢性腎不全…………………………………………………………守山敏樹
 3.腎性貧血……………………………………………………………木全直樹
 4.透析アミロイドーシス…………………………………………風間順一郎
 5.血漿交換/血液吸着療法………………………………………… 鈴木洋通
 6.血液濾過療法………………………………………………………小川洋史
 7.CAPD…………………………………………………………………佐中 孜
第7章 腎再生・腎移植
 1.血管内皮細胞と造血幹細胞………………………………………高倉伸幸
 2.骨髄細胞移植による腎炎治療…………………………………宇都宮保典
 3.糸球体の修復におけるVEGFの役割………………………………北本康則
 4.尿細管の再生………………………………………………………竹村 司
 5.Marginal Donorからの献腎移植…………………………………星長清隆
 6.免疫抑制法の進歩…………………………………………………吉村了勇
第8章 腎細胞癌・尿路結石治療の最前線
 1.腎細胞癌に対するサイトカイン療法及びワクチン療法………河合弘二
 2.抗血管新生遺伝子療法……………………………………………神田 滋
 3.ミニ移植療法………………………………………………………高見昭良
 4.腹腔鏡下根治的腎摘除術…………………………………………小野佳成
 5.腎結石、尿管結石に対する内視鏡手術(ESWLとの対比)…奴田原紀久雄
第9章 腎疾患画像診断の進歩
 1.腎疾患の画像診断の進歩(レビュー)…………………………田村和哉
 2.CT……………………………………………………………………陣崎雅弘
 3.MR……………………………………………………………………天沼 誠
 4.超音波・腎血流ドプラ法…………………………………………和泉雅章
 5.核医学………………………………………………………………柳川 眞
 6.内視鏡……………………………………………………………大井田正人
第10章 腎臓病治療薬開発の最新情報
 1.副腎皮質ステロイド薬……………………………………………横山 仁
 2.免疫抑制薬…………………………………………………………河田哲也
 3.利尿薬開発の現況と今後の展望…………………………………佐藤武夫
 4.抗血小板薬・抗凝固薬…………………………………………御手洗哲也
 5.降圧薬………………………………………………………………島野泰暢
 6.非ステロイド性抗炎症薬…………………………………………飯田博行
第11章 各種製品の臨床評価
 1.腎性貧血治療薬エポエチンベータ・プレフィルドシリンジ製剤
   (エポジンRS)の有用性…………………………………………黒山政一
 2.ネオーラルR(シクロスポリン・マイクロエメルジョン前濃縮物製剤)
   の薬物動態と臨床成績……………………………小林正貴、飯島一誠
 3.腎臓病診断における99mTc-MAG3および99mTc-DTPAの
   臨床的有用性……………………………………………………油野民雄
 4.アルポート症候群研究用モノクローナル抗体を用いた
   アルポート症候群の免疫組織診断………………内藤一郎、佐渡義一
技術資料編