本書を推薦する………………………………………祖父江逸郎
序文………………………………………………………柴崎 浩
第1章 神経・筋疾患診療の課題と展望
 1.遺伝子治療…………………………………………小澤敬也
 2.神経再生……………………………………………岩本範顕
 3.薬物依存……………………………………………三木直正
 4.アルツハイマー病の神経細胞死…………………高島明彦
 5.遺伝性パーキンソニズムの発症機構
           …………………服部信孝、水野美邦
第2章 神経・筋疾患の分子生物学の進歩
 1.酵素異常による神経疾患…………………………衛藤義勝
 2.細胞内シグナル伝達……………………………田中耕太郎
 3.レセプターとチャンネル異常による神経・筋疾患
           …………………池田佳生、岡本幸市
 4.トリプレットリピート病…………森田大児、中村浩一郎
第3章 脳血管障害とその治療
 1.脳保護療法(脳保護薬を中心に)………………山口武典
 2.脳梗塞の血栓溶解療法(経静脈、経動脈ともに)
           …………………井上 剛、峰松一夫
 3.その他の抗血栓療法………………………………棚橋紀夫
 4.新しい抗血小板療法-GpUbVa-………………内山真一郎
 5.低体温療法…………………………………………成富博章
 6.脳動脈狭窄に対するPTAおよびステント留置術
           …………………朝倉文夫、滝 和郎
第4章 アルツハイマー病の発症機序
 1.プレセニリン変異とアルツハイマー病…………田平 武
 2.異常リン酸化タウとアルツハイマー病………長谷川成人
 3.コレステロール代謝からみたアルツハイマー病……… 柳澤勝彦
 4.アポリボタンパクJからみたアルツハイマー病…………松原悦朗
第5章 パーキンソン病
 1.α-シヌクレインからみたパーキンソン病…… 岩坪 威
 2.酸化ストレスからみたドーパミン神経細胞死の機序
               …………………丸山和佳子
 3.ドーパミン受容体アゴニストの適応と選択……近藤智善
 4.手術療法の適応-深部脳刺激療法(DBS)を含めて
                …………………横地房子
 5.移植療法の現況と展望……………………………大本堯史
第6章 感染症と脱髄疾患
 1.プリオン病……………………………戸田宏幸、金子清俊
 2.AIDS痴呆症候群……………………………………出雲周二
 3.多発性硬化症………………………………………山村 隆
 4.急性散在性脳脊髄炎………………………………吉良潤一
第7章 脊髄小脳変性と運動ニューロン疾患
 1.MSA………………………………………………… 渡辺宏久
 2.遺伝性脊髄小脳変性症……………………………水澤英洋
 3.筋萎縮性側索硬化症(ALS)……… 永野 功、阿部康二
 4.球脊髄性筋萎縮症…………………勝野雅央、祖父江 元
第8章 Tauopathy
 1.タウの構造と生理機能……………………………石黒幸一
 2.タウの異常リン酸化機構……………田中稔久、武田雅俊
 3.タウのアイソフォームおよびグリアの異常……池田研二
 4. 進行性核上性麻痺と皮質基底核変性症……… 村山繁雄
 5.Tauopathyの立場からみた前頭・側頭型痴呆
           …………………保田 稔、高松淳一
第9章 末梢神経疾患
 1.糖尿病性ニューロパチー…………………………安田 斎
 2.CIDP…………………………………………………馬場正之
 3.Guillain-Barre症候群……………………………楠 進
 4.遺伝性運動感覚ニューロパチー…………………服部直樹
 5.家族性アミロイドポリニューロパチー………安東由喜雄
第10章 筋疾患
 1.筋疾患の遺伝子・再生治療…………尾嶋孝一、武田伸一
 2.筋ジストロフィーのステロイド療法……………神野 進
 3.ミトコンドリア脳筋症……………………………後藤雄一
 4.筋疾患による呼吸不全の治療法…………………石原傳幸
 5.DMD/BMD…………………………………………… 川村 潤
第11章 診断法の進歩
 1.脳磁図………………………………………………渡邉裕貴
 2.CT(3DCT,ヘリカルCT)……………… 興梠征典、高橋睦正
 3.ファンクショナルMRI…………………………… 山口修平
 4.高磁場MRI………………………………………… 中田 力
 5.PET/SPECT………………………………………… 石井一成
 6.Xe/CT……………………………………………… 岡田芳和
 7.心・血管の超音波診断……………………………矢坂正弘
第12章 治療技術・装置の進歩
 1.ガンマーナイフによる神経疾患の治療
        …………藤元登四郎、中村克巳、八代一孝
 2.電気刺激による神経疾患の治療…………………河村弘庸
 3.磁気刺激による神経疾患の治療……魚住武則、辻 貞俊
第13章 神経・筋疾患治療薬開発に関する情報
 1.筋疾患治療薬………………………山田広樹、中村浩一郎
 2.パーキンソン病治療薬……………………………村田美穂
 3.アルツハイマー病治療薬…………………………中村重信
第14章 各種製品の臨床評価
 1.ガンマナイフの不随意運動への適用……………大江千廣