本書を推薦する…………………………………………高倉公朋
序文………………………………………………………菊池晴彦
序文………………………………………………………平林 冽
第1章 脊椎・脊髄疾患診療の課題と展望
 1.遺伝子治療………………………………………西田康太郎
 2.神経移植点…………………………………………中村雅也
 3.神経栄養因子………………………………………岡澤 均
 4.神経根性疼痛の発生機序…………………………川上 守
 5.痛みの薬理学………………………………………佐藤公道
 6.椎間板と成長因子の分子生物学…………………松本卓二
 7.骨形成・再生機構…………………………………星 和人
 8.脊椎バイオメカニクス……………………………鐙 邦芳
 9.BMP研究の現況と臨床応用……………………… 高岡邦夫
第2章 脊椎・脊髄外科対象疾患の神経症候学
 1.脊椎・脊髄の神経症候学の現況…………………福武敏夫
 2.排尿障害(神経因性膀胱)…………………………榊原隆次
 3.脊髄由来の不随意運動……………………………桑原 聡
 4.鑑別診断……………………………………………有村公良
第3章 Instrumentation Surgery
 1.頭蓋頸椎移行部病変………………………………飯塚秀明
 2.頸椎病変……………………………………………久保和親
 3.胸椎病変……………………………………………加治浩三
 4.腰椎病変……………………………………………徳橋泰明
 5.脊柱再建……………………………………………宮本 敬
 6.内視鏡下脊椎手術…………………………………江原宗平
 7.ハイドロキシアパタイト製剤使用………………小山素麿
第4章 移植と再生
 1.神経移植……………………………………………今泉俊雄
 2.頸髄損傷患者における手の機能再建……………水関隆也
 3.椎間板髄各移植……………………………………持田譲治
 4.同種椎間板移植……………………………………松ア浩巳
 5.人工椎間板の開発…………………………………岡 正典
 6.人工骨開発…………………………………………根尾昌志
第5章 脊椎・脊髄腫瘍の治療
 1.脊髄髄内腫瘍の外科療法…………………………小山素麿
 2.脊椎腫瘍の外科療法………………………………富田勝郎
 3.二分脊椎・脊髄脂肪腫の外科療法………………白根礼造
 4.脊椎・脊髄腫瘍に対する放射線照射療法………白土博樹
第6章 脊髄血管障害
 1.脊髄動静脈奇形の外科治療………………………宮本 亨
 2.脊髄動静脈奇形の血管内治療……………………中原一郎
 3.脊髄梗塞……………………………………………安藤哲朗
第7章 脊髄空洞症の治療
 1.空洞形成の理論および治療法の変遷……………阿部俊昭
 2.Chiari奇形を伴う骨髄空洞症の外科治療………山浦 晶
 3.外傷性脊髄空洞症の外科治療……………………今栄信治
第8章 頸椎変性疾患の外科治療
 1.自家椎体を利用した頸椎前方到達法……………井須豊彦
 2.脊椎管拡大術………………………………………植山和正
 3.頸椎椎間板疾患……………………………………大畑建治
第9章 脊椎・脊髄疾患に起因する疼痛の治療
 1.DREZtomy………………………………………高橋 宏
 2.硬膜外電気刺激療法………………………………佐藤 宰
 3.内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術……………吉田宗人
 4.経皮的レーザー髄核蒸散法………………………秋野 実
 5.髄腔内薬物持続投与法……………………………小野伸夫
 6.腰痛に対する前方固定術…………………………千葉一裕
 7.長期血液透析患者の破壊性脊椎関節症の治療…圓尾宗司
第10章 脊椎・脊髄損傷の治療
 1.頸髄・頸椎損傷……………………………………加藤真介
 2.胸椎・腰椎損傷…………………………………宝子丸 稔
 3.機能的電気刺激療法………………………………市江雅芳
第11章 脊椎靱帯骨化症
 1.頸椎後縦靱帯骨化症………………………………松永俊二
 2.胸腰椎・胸腰髄損傷………………………………花北順哉
第12章 画像診断・検査法の進歩
 1.MRI診断(3DMRIも含む)……吉川宏起、塩野孝博
 2.Cine−MRI…………………………………長嶋達也
 3.MDCT……………………………………………入江健夫
 4.脊椎手術におけるナビゲーションシステム……水野順一
 5.術中超音波診断……………………………………三井公彦
 6.脊髄機能モニタリング……………………………玉置哲也
第13章 脊椎・脊髄疾患治療薬に対する最新情報
 1.血流改善薬…………………………………………紺野慎一
技術資料編