序文……………………………………………………………末舛惠一
第1章 肺癌の発癌・増殖・転移機構
1.肺癌の遺伝子異常…………………………………………萩原弘一
2.肺癌の疫学と発癌因子……………………………………横瀬智之
3.喫煙ならびに化学発癌物質と肺癌発癌機構
      ………………………堀内康啓、中西洋一、原 信之
4.肺癌とテロメア、テロメラーゼ…………………………檜山桂子
5.肺癌進展と血管新生……………後東久嗣、矢野聖二、曽根三郎
6.肺腺癌の前癌病変…………………………………………橋本修一
7.肺癌の転移機構……………………………………………小泉桂一
第2章 肺癌の病理と診断法
1.肺癌の組織分類……………………………………………井内康輝
2.遺伝子診断: 分子生物学の肺癌診断への適応…………光冨徹哉
3.Proteomicsによる診断……………………………………平野 隆
4.細胞診………………………………………………………佐藤之俊
5.腫瘍マーカー………………………………………………児玉哲郎
第3章 新しい内視鏡診断法
1.蛍光気管支内視鏡…………………………………………藤澤武彦
2.拡大気管支鏡………………………………………………阿部庄作
3.OCT:Optical Coherence Tomography:光干渉断層法
      …………………………………………………坪井正博
4.超音波気管支鏡……………………………………………林 和
5.縦隔鏡………………………………………………………小林紘一
第4章 画像診断
1.ヘリカルCT肺癌検診の画像診断………………………柿沼龍太郎
2.PET………………………………………………………正津 晃
3.MRI(Magnetic Resonance Imaging)…………………小林英夫
4.胸部X線診断の役割と限界…………………玄馬顕一、西井研治
5.コンピュータ支援診断……………………………………仁木 登
第5章 小細胞癌の治療
1.小細胞癌の治療……………………………金 永学、久保田 馨
2.新しい抗癌剤……………………………………………大江裕一郎
3.高齢者の小細胞癌…………………………青野ひろみ、岡本浩明
4.小細胞癌の外科治療…………………………福山康朗、一瀬幸人
第6章 非小細胞癌の治療
1.肺癌外科治療における周術期管理………………………佐治 久
2.III期非小細胞癌の治療戦略…………………………… 早川和重
3.高齢者非小細胞癌の治療戦略……………………………塚田裕子
4.縮小手術の意義と対象……………………………………鈴木健司
第7章 新しい外科的治療
1.光線力学的治療における最新の展望と新規光感受性物質の応用
      …………………………………………………土田敬明
2.肺野末梢の小型肺癌に対する胸腔鏡併用による部分切除
     ……………………………………………………鈴木健司
3.気管狭窄に対する硬性鏡下ステント挿入術による……古川欣也
4.胸腔鏡下手術………………………………………………安藤陽夫
5.進行癌拡大手術……………………………………………中川 健
6.肺移植………………………………………………………南 正人
第8章 化学療法
1.肺癌の化学療法の課題と展望……………………………福岡正博
2.抗癌剤の副作用と対策……………………………………吉田公秀
3.制癌剤の作用機構…………………………大柳文義、佐々木康綱
4.肺癌と薬剤耐性……………………………………………原田大志
5.化学療法と放射線併用療法……………………………海老沢雅子
第9章 分子標的治療
1.分子標的治療の課題と展望…………………川口剛史、西條長宏
2.生存シグナルを標的にした抗癌剤とその作用機構……藤田直也
3.チロシンキナーゼ阻害薬…………………………………中川和彦
4.血管新生と抗血管療法……………………………………矢野聖二
第10章 遺伝子治療と免疫・細胞療法
1.免疫治療の課題と展望……………………………………花桐武志
2.p53を標的とした遺伝子治療…………………………… 藤原俊義
3.HGFアンタゴニスト(HGF/NK4)遺伝子治療………………西條康夫
4.肺癌ワクチン療法…………………………………………河上 裕
第11章 新しい放射線治療
1.定位放射線療法……………………………………………高井良尋
2.肺癌の重粒子線治療-新しい肺癌の根治療法………… 宮本忠昭
3.陽子線治療…………………………………………………荻野 尚
4.放射線治療と化学療法を併用した肺癌治療……………楢林 勇
第12章 インフォームドコンセント&緩和医療
1.肺癌治療におけるインフォームド・コンセント……久保田 馨
2.緩和医療……………………………………………………西崎久純
3.精神科医からみた緩和医療………………………………岡村 仁
4.肺癌癌性疼痛に対するモルヒネ使用……………………三浦弘之
5.末期肺癌患者に対する在宅酸素療法(HOT)と在宅輸液療法
 (HIT)       ………………………………………千場 博
第13章 各種製品の臨床評価

技術資料編