本書を推薦する……………………………………成毛韶夫、藤村重文
序文………………………………………………………………人見滋樹
序章 呼吸器外科の課題と展望………………………………近藤 丘
第1章 呼吸器外科のニューテクノロジー
1.遺伝子解析と肺癌予後……………………………………片倉浩理
2.プロテオミクスと肺癌外科………………………………平野 隆
3.肺手術モデルと教育………………………………………岩崎昭憲
4.新たな光線力学療法………………………………………大崎能伸
5.レ−ザーとステント療法…………………………………薄田勝男
6.体外呼吸補助手段(ECMO、IVOX)…………………………寺田泰二
7.コンピュータ・ITの進歩と呼吸器外科 …………………浜川博司
第2章 再生・再建医療
1.小児の先天性広範囲気管支狭窄症に対する気管形成術
      ……………………………………………………津川 力
2.Nuss手術(漏斗胸)………………………………………三浦 隆
3.横隔神経の損傷と再建……………………………………小林 淳
4.人工気管……………………………………………………中村達雄
第3章 肺移植
1.わが国と世界における肺移植の動向……………………岡田克典
2.わが国の肺移植システムの問題点……………………横見瀬裕保
3.臓器保存液―最近の知見…………………………………中村隆之
4.マージナルドナー…………………………………………南 正人
5.肺移植手術後のICU管理 …………………………………五籐恵次
6.生体肺移植…………………………………………………伊達洋至
第4章 肺癌に対する機能温存・回復手術
1.肺癌縮小手術………………………………………………板東 徹
2.気管形成手術………………………………………………岡 忠之
3.気管支形成手術……………………………………………鈴木 聡
4.気管分岐部形成手術………………………………………宮本好博
5.血管形成……………………………………………………白石武史
6.気管狭窄に対する気管形成術とステント療法…………小林紘一
第5章 肺癌の外科成績向上の戦略
1.癌遺伝子治療………………………………………………貫和敏博
2.末梢小型肺癌の発見法……………………………………金子昌弘
3.肺癌のトランスレーショナルリサーチ…………………中川正嗣
4.肺癌の外来化学療法………………………………………柳原一広
5.見張りリンパ節ナビゲーション手術……………………杉 和郎
6.定位放射線療法……………………………………………高井良尋
7.微小循環からみた肺癌治療の新たなるアプローチ……蘇原泰則
第6章 縦隔疾患の外科手術
1.縦隔疾患の低侵襲手術……………………………………松村輔二
2.重症筋無力症治療の進歩………………………………小野寺 宏
3.悪性縦隔腫瘍………………………………………………三宅正幸
4.Brigham and Women's Hospitalにおける胸膜外肺全摘術の経験
   ……………………………………………………………岡部和倫
第7章 肺気腫の外科治療
1.慢性閉塞性肺疾患(COPD)の画像診断……………………三嶋理晃
2.Lung Volume Reduction Surgery(LVRS)……………… 千原幸司
第8章 胸膜・肺疾患
1.肺動静脈瘻…………………………………………………鈴木 隆
2.気胸に対する胸腔鏡下手術………………………………花桐武志
3.肺動脈血栓塞栓症の手術…………………………………清水信義
4.胸膜腫瘍とその治療………………………………………長田博昭
5.Brigham and Women's Hospitalにおける悪性胸膜中皮腫の経験
   ……………………………………………………………岡部和倫
6.肺高血圧症:内科的治療、外科的治療 ………………長谷川誠紀
第9章 肺切除術後合併症
1.肺切除後肺炎の発症機序に関する新知見………………星川 康
2.喀痰喀出障害と理学療法…………………………………黒澤 一
3.反回神経麻痺と嗄声………………………………………白石武史
4.気管支断端瘻………………………………………………佐藤雅美
5.呼吸器外科における大網充填術…………………………白日高歩
6.術後呼吸機能予測についての新しい知見………………阪井宏彰
第10章 胸腔鏡手術
1.胸腔鏡手術の過去・現在・未来…………………………乾 健二
2.胸腔鏡下肺葉切除…………………………………………川原克信
3.胸腔鏡手術の功罪:肺癌に対する胸腔鏡手術の適応 …浅村尚生
4.手掌多汗症に対する胸腔鏡下交感神経切除……………岡林 寛
5.胸腔鏡下大内蔵神経切除とマイクロターゼ焼灼術……岩崎昭憲
6.重症筋無力症に対する胸腔鏡下胸腺摘出術……………安藤陽夫
第11章 呼吸器内視鏡の最新技術
1.蛍光内視鏡による切除線の決定…………………………土田敬明
2.肺門部早期肺癌の診断・現状と気管超音波内視鏡の改良
      ……………………………………………………高橋博人
3.肺末梢病変の診断における気管支腔内超音波断層法…栗本典昭
4.超音波気管支鏡における縦隔病変・リンパ節の観察…田中文啓
5.術前光線力学的治療による縮小手術と手術適応の拡大
      ……………………………………………………原田匡彦
第12章 各種製品の臨床評価
技術資料編