序文………………………………………………………………後藤文夫
序章 麻酔学の課題と展望(新しい流れ)……………外 須美夫
第1章 麻酔の新しい流れ
1.全静脈麻酔…………………………………………………廣田和美
2.バランス麻酔………………………………………………小松 徹
3.低流量麻酔…………………………………………………宮部雅幸
4.局所麻酔……………………………………………………浅田 章
5.硬膜外麻酔…………………………………………………高崎真弓
6.小児麻酔……………………………………………………木内恵子
第2章 麻酔薬と中枢神経系研究の最先端
1.麻酔薬とイオンチャンネル………………………………山倉智宏
2.麻酔薬と細胞内情報伝達………………………………南 浩一郎
3.遺伝子変換動物を使った麻酔薬作用機序研究…………内田一郎
4.中枢神経シナプス可塑性への麻酔薬の作用……………西川光一
5.脊髄in vivo電気生理学の最近の進歩………………… 高澤知規
第3章 薬剤に関する最新情報
1.吸入麻酔薬…………………………………………………河内正治
2.静脈麻酔薬…………………………………………………新宮 興
3.オピオイド…………………………………………………山本達郎
4.局所麻酔薬…………………………………………………小田 裕
5.筋弛緩薬………………………………………………小田切徹太郎
第4章 気道確保の進歩
1.Difficult airwayに対する各種気道確保………………井上哲夫
2.Difficult airway に対する経皮的アプローチ……… 青柳光生
3.救急医療における気道確保………………………………西内辰也
4.ラリンゲアルマスクと気道確保…………………………前川信博
第5章 麻酔とプレコンディショニング
1.心筋保護とプレコンディショニング……………………萬家俊博
2.肝臓手術におけるプレコンディショニング……………小竹良文
3.脳脊髄虚血におけるプレコンディショニング…………川口昌彦
4.腎臓におけるプレコンディショニン……………………橋口英雄
5.プレコンディショニングにおける K atpの役割………中尾慎一
第6章 臨床モニタリングの新しい流れ
1.脳波麻酔深度モニター……………………………………萩平 哲
2.循環器のモニタリング……………………………………金谷憲明
3.呼吸器のモニタリング……………………………………升田好樹
4.筋弛緩モニター……………………………………………成松英智
第7章 経食道心エコーの最前線
1.冠動脈疾患…………………………………………………金 信秀
2.弁形成術……………………………………………………松永 明
3.小児先天性疾患……………………………………………黒川 智
4.3D 経食道心エコー……………………………………向井詩保子
第8章 周術期における血小板・血液凝固線溶異常
1.血液凝固・炎症反応との連関と臓器不全………………丸藤 哲
2.血小板・結晶凝固線溶系におけるモニターの進歩……山蔭道明
3.周術期血栓症の症状………………………………………北口勝康
4.周術期におけるトロンビン生成のコントロール………田中健一
第9章 麻酔シミュレーション
1.高機能麻酔患者シミュレータ……………………………上農喜郎
2.コンピュータシミュレーションによる薬物効果の予測
     ………………………………………………………長田 理
3.気管挿管と救急医療のシミュレーション教育…………岩瀬良範
第10章 心臓血管麻酔の新しい流れ
1.心臓外科手術と心筋保護…………………………………野村 実
2.off-pump 冠動脈手術の麻酔…………………………… 大西佳彦
3.胸腹部大動脈瘤手術の麻酔………………………………福田 悟
4.術中の運動機能モニタリング……………………………川口昌彦
5.脊髄虚血の病態と麻酔…………………………………松本美志也
第11章 神経麻酔の新しい流れ
1.麻酔と脳保護………………………………………………内野博之
2.脳動靜脈奇形の病態と麻酔法…………………Tomoki Hashimoto
3.軽度低体温療法……………………………………………井上聡己
4.Aake craniotomyの麻酔………………………………… 加藤正人
5.内頸動脈狭窄症の麻酔……………………………………中川五男
第12章 臓器移植麻酔の新しい流れ
1.肝臓移植……………………………………………………福田和彦
2.心臓移植……………………………………………………林 行雄
3.肺移植………………………………………………………森田 潔
4.膵腎移植……………………………………………………高橋成輔
第13章 合併症患者の麻酔の新しい流れ
1.高血圧症……………………………………………………田上 惠
2.肝疾患………………………………………………………足立健彦
3.糖尿病・内分泌疾患………………………………………細川豊史
4.精神神経疾患………………………………………………菊地博達
第14章 新しい術後疼痛管理
1.硬膜外鎮痛法……………………………………………井上莊一郎
2.経静脈鎮痛法と PCA………………………………………光畑裕正
3.小児の術後鎮痛……………………………………………近藤陽一
4.術後鎮痛管理のシステム化………………………………飯嶋哲也
第15章 ペインクリニックの新しい流れ
1.神経因性疼痛………………………………………………森脇克行
2.経皮的インターベンション……………………………大瀬戸清茂
3.刺激療法による鎮痛………………………………………平 孝臣
4.薬物療法……………………………………………………佐伯 茂
5.神経ブロック………………………………………………増田 豊
第16章 ペインクリニックの最先端治療
1.PGA-collagen tubeによる神経再生治療……………… 稲田有史
2.神経ブロックと自家骨髄細胞移植による慢性動脈閉塞治療
     ………………………………………………………齋藤 繁
3.エピドラスコピーによる難治性腰下肢痛治療………五十嵐 孝
4.超音波内視鏡下腹腔神経ブロック術……………………中岡良介
5.CTガイド下三叉神経ガッセル神経節高周波熱凝固法…関本研一
第17章 疼痛の画像診断の最先端
1.MRIによる痛みの画像診断……………………………… 倉田二郎
2.MR spectroscopyによる痛みの解析…………………… 福井 聖
3.PETによる痛みの画像診断……………………………… 梶田泰一
4.EG(脳磁図)による痛みの診断……………………………柿木隆介
第18章 関連機器・器材・システムの進歩
1.新しい器材・システム……………………………………三條芳光
2.麻酔器の進歩………………………………………………釘宮豊城
3.新しい人工呼吸とその機器……………………………須賀原一博
4.心拍出量測定装置…………………………………………豊岡秀訓
第19章 各種製品の臨床評価

技術資料編