序文……………………………………………………………小宗静男
第1章 分子生物学
1.声帯萎縮に対する分子生物学的アプローチ……………平野 滋
2.内耳発生の分子生物学……………………………………山下裕司
3.嗅覚受容の情報変換………………………………………倉橋 隆
第2章 再生医療
1.内耳の再生(遺伝子導入)………………………………河本光平
2.嗅細胞・嗅神経の再生………………………土井清司、丹生健一
第3章 再建医療
1.顔面神経の動的再建……………………多久嶋亮彦、波利井清紀
2.外耳道再建…………………………………………………河野浩万
3.耳介再建……………………………………………………朝戸裕貴
4.舌・口腔咽頭再建…………………………………………木股敬裕
5.咽頭全摘出術と音声再建…………………………………斉藤 幹
第4章 感音難聴
1.TRT療法…………………………………………………… 小川 郁
2.新生児聴覚スクリーニング………………………………久保武志
3.難聴児の聴覚・言語発達…………………………………内山 勉
第5章 中枢性聴覚言語障害
1.聴神経障害…………………………………………………井上泰宏
2.脳幹障害……………………………………………………加我君孝
3.聴皮質障害(皮質聾)……………………………………加我君孝
4.失語症………………………………………………………杉下守弘
第6章 中耳炎
1.急性中耳炎…………………………………………………工藤典代
2.中耳炎の難治化・反復化のリスクファクター…………林 達哉
3.好酸球性中耳炎の治療……………………………………松原 篤
第7章 内耳疾患
1.虚血性内耳障害の病態と治療……………………………白馬伸洋
2.薬剤性内耳障害の遺伝子治療……………………………鈴木光也
3.遺伝性難聴の病態解析(GJB異常)…………………… 菊地俊彦
4.遺伝性難聴の病態解析(ミトコンドリア病)…………山岨達也
5.老人性難聴の予防…………………………………………染谷慎一
第8章 扁桃疾患
1.急性咽頭・扁桃炎の診療ガイドライン…………………原渕保明
2.皮膚科からみた扁桃病巣疾患……………………………小林里実
3.IgA腎症の病態と扁桃摘出術基準……………………… 赤木博文
4.腎臓内科からみたIgA腎症の扁桃摘出術基準………… 堀田 修
第9章 頭頸部癌
1.遺伝子治療…………………………………………………金澤丈治
2.光化学療法…………………………………………………峯田周幸
3.chemoraditotherapy………………………………………佃  守
4.超選択的動注療法…………………………………………横山純吉
5.喉頭温存手術………………………………………………川端一嘉
6.中・下咽頭表在癌の内視鏡診断と治療…………………佐藤靖夫
第10章 鼻アレルギー
1.アレルギー性鼻炎の治療ガイドライン………………馬場廣太郎
2.Oral allergic syndrome…………………………………朝倉光司
3.ワクチン療法の新展開……………………………………岡野光博
4.舌下免疫療法………………………………………………吉田博一
5.抗IgE抗体療法…………………………………………… 竹内万彦
第11章 声帯麻痺
1.遺伝子治療…………………………………………………塩谷彰浩
2.機能的電気刺激療法………………………………………野中 聡
3.外科的治療の進歩…………………………………………梅ア俊郎
第12章 睡眠時無呼吸症候群
1.睡眠時無呼吸症候群の診断と治療(小児)……………新谷朋子
2.睡眠時無呼吸症候群の診断と治療(成人)……………岡本牧人
第13章 嚥下障害
1.嚥下障害の外科的治療……………………………………田山二朗
2.神経疾患と嚥下障害………………………………………渡邉剛士
3.ALSと嚥下障害………………………………………… 肥後隆三郎
4.嚥下のリハビリ……………………………………………藤島一郎
第14章 診断法
1.脳磁図………………………………………………………山本智矢
2.CT……………………………………………………………藤井直子
3.3DマイクロCT:耳鼻咽喉科領域の診断と手術
   ナビゲーションへの応用………………………………村上信五
4.MRI・ファンクショナルMRI………………………………水田啓介
5.ASSR…………………………………………………………青柳 優
第15章 薬剤開発に関する最新情報
1.抗菌薬………………………………………………………伊藤博隆
2.抗癌薬………………………………………………………甲能直幸
3.抗アレルギー薬……………………………………………小川晃弘
4.副腎皮質ホルモン…………………………宮之原郁代、黒野祐一
第16章 人工聴器
1.人工脳幹(ABI)………………………………………… 加我君孝
2.補聴器(デジタル、bone anchored HA)………………岩崎 聡
第17章 鼻科手術支援機器・技術
1.レーザー……………………………………………………久保伸夫
2.高周波電気メス…………………………………………矢部多加夫

技術資料編