Fujimizaka Slopes in Tokyo
東京の富士見坂
★標示板はありません
Guide-map: Nishi-Azabu
3つの大使館前を下る長い坂
西麻布・富士見坂(笄坂)
ラオス大使館前を下る富士見坂   (2001年2月)
Fujimizaka Slope: Nishi-Azabu
港区西麻布3丁目にある富士見坂は、坂上からラオス、ギリシャ、ルーマニア各大使館の前を通る330mの長い坂。場所がら交通量の多いところです。ほぼ西へ向かって下り始め、中間からは西南西方向に曲がり外苑西通りへ抜けます。この坂は旧町名・笄町の境を通って坂下の笄川(現在は暗渠)へ下るので、笄坂(こうがいざか)とも呼ばれていました。西麻布2丁目にも明治時代に開かれた笄坂があります。「笄」とは江戸時代の整髪具(髪飾り)のこと。この富士見坂は大横町坂という別名もあります。

周辺は麻布台地の西側斜面。西麻布から南麻布にかけての地形は都内で最も起伏の激しいところです。江戸時代は見晴らしの良かったことが想像できますが、現在ではこの坂から富士山は見えません。江戸時代の赤坂や麻布の高台には大名屋敷が多かったことから、その広い跡地には高級住宅や各国の大使館が建てられています。六本木交差点から富士見坂上まで600mの距離になります。

東京メトロ日比谷線、都営地下鉄大江戸線六本木駅から富士見坂へ向かうと、六本木6丁目の超高層複合施設・六本木ヒルズを通ります。森タワー52階の展望台から見る富士山や東京周辺の360度眺望は迫力満点。小高いヒルサイドのテラスでも、東京タワーの見えるパノラマ風景が楽しめます。富士見坂上とT字に交わる通称・テレビ朝日通りを南へ500mほど行くと、緑と水の豊かな有栖川宮記念公園に至ります。

六本木ヒルズ森タワーの上に半月が
Roppongi Hills Mori Tower
このページのトップ 東京の富士見坂・インデックスページ
released : December 5, 2004

無断で転載・複製することを禁じます.