ホームページ
MOMENT TO MOMENT
ダイヤモンド富士
2003年10月29日16時37分 芝浦

レインボーブリッジの遊歩道上で日没を待つ。 JR品川駅東口に建てられた超高層ビル群で西方向の眺望が大きく変わった。 晴天だが地平線近くの空はひどく霞み、都心から100km離れた富士山はまったく見えない。 特異な形をした超高層ビル(NTTドコモ品川ビル)の陰から夕日が姿を現すと間もなく、オレンジ色の丸い形は下方から虫に食われたように欠け始めた。 雲に隠れかけたのかと一瞬疑うが、特徴ある凹凸の影は富士山頂。 太陽がその視直径分を移動する時間はほぼ2分。 あっという間に日没となる。 この日、富士山全体のシルエットは見えなかったが、それでも山頂に夕日が沈む天体自然現象は感動もの。

「ダイヤモンド富士」は太陽が富士山頂の真後ろに見え隠れする現象。 富士山の東側から見れば「日没」、西側では「日の出」そのものだ。 太陽が山頂に隠れる直前、または山頂から出始めた直後に、山頂の凹凸地形を通してダイヤモンドのような輝きが一瞬現れる。 東京では西南西に富士山が見えるので、ダイヤモンド富士は日没に限られる。 日没の位置は夏至に最も北寄りに、冬至に最も南寄りに移動する。 その間の方向に富士山の見える地点があればダイヤモンド富士現象が起きる。 東京では冬至を中心に10月中旬から2月下旬までが見られる期間だが、地上から富士山の見える場所は非常に少ない。

空気のよく澄んだ気象条件に見るダイヤモンド富士は、言葉に表現できないほど美しい。 日没直後、夕空に伸びる富士山の影は本体の濃いシルエットとともに「二重富士」となり、神々しい光景にただ感動する。 しかし季節風の吹く冬季を除いて、東京の地平線は汚れた空気や水蒸気が漂い霞む日が多く、富士山はほとんど見えない。 こんな日でも、ダイヤモンド富士現象では「見えない富士山」を確認できる。 このとき、富士山本体は空気層に拡散して山の存在は全くわからないが、ポッカリ浮かんでいる夕日が山頂の影でいきなり欠け始めるという「日食」のような現象が起きる。もちろん、完全に欠けたら日没となる。



data
camera : Minolta alpha-7000
lens : Minolta AF zoom
         100-300mm F4.5-5.6
exposure : F5.6 , 1/60 sec.
film sensitivity : ISO 100

火星の大きさ 夜のユリカモメ
このページのトップ インデックス

updated : July 1, 2005
released : November 8, 2003

無断で転載・複製することを禁じます.


久しぶりに聴きたい
ザ・ビートルズの名曲
アスク・ミー・ホワイ
Ask Me Why
●粗い演奏と未熟なコーラスだが、ビートルズ・スタイルの原点を聴くようなラブ・バラード。アルバム収録演奏のレコーディングを1日で終了させた影響か、ジョンのかすれ声がセクシー。
●1963年発売のデビューアルバムに収録されている。大ヒットした "Please Please Me" 以後、ビートルズは英米シングル・アルバムチャートのトップを長期に渡って独占することになる。
(Kuri) 
収録アルバムCD
ザ・ビートルズ
写真提供:JBOOK