ホームページ
MOMENT TO MOMENT
東京風ぐるま
2004年2月19日18時00分 若洲

JR京葉線新木場駅から都営バスで15分。 東京南東部に位置する埋立地に広大な若洲海浜公園がある。 ゴルフ場がほとんどの面積を占めているが、キャンプ場はもちろん、東京湾に突き出た長さ570mの東防波堤上には海釣り施設もあって、アウトドア派にはたまらない場所。 防波堤の先に風力発電施設「東京風ぐるま」が小さく見える。 日が沈むと防波堤灯台の赤と緑の光が海面に映り、風車2基のライトアップが浮かび上がる。 ゆっくり回る3枚羽根のローターも見えるが、長時間露光による夜景撮影ではやはり流れてしまう。

東京港の中央防波堤内側埋立地に東京臨海風力発電所が2003年3月に竣工。 ローター先端までの高さが70mある巨大風車が2基設置された。 デンマーク製の風車は2基で年間250万kWを発電する。 首都圏では初の風力発電だ。 遮るものがないウォーターフロントの風況は風車設置に最適といえる。 若洲海浜公園からは3kmほどの距離がある。 望遠レンズを覗いても細部まで見えないが、風車の外観は「東京風ぐるま」という愛称から受ける柔らかな印象より、ずっと精悍なスタイル。 風車先進国のユーロデザインだ。

若洲海浜公園内の多目的広場にも、風力発電施設の風車1基が2004年3月末に完成した。 こちらはドイツ製で定格出力1950kW、ローター先端までの高さ100mと国内最大級。 さすがに迫力がある。 見学会に参加しないと近寄れない「東京風ぐるま」に対して、真下から見上げることができる。 愛称の付くのが楽しみだ。 21世紀はソーラーパネルの太陽光発電とともに、風力エネルギーの利用が本格的になる。 地球環境を破壊する原子力発電、化石燃料による火力発電から自然エネルギーへのシフトがすでに始まっている。



data
camera : Minolta alpha-9000
lens : Minolta AF zoom
         100-300mm F4.5-5.6
exposure : F8 , 4 sec.
film sensitivity : ISO 100

夜のユリカモメ 金星日面経過
このページのトップ インデックス

updated : July 1, 2005
released : March 4, 2004

無断で転載・複製することを禁じます.


久しぶりに聴きたい
ザ・ビートルズの名曲
アンド・アイ・ラヴ・ハー
And I Love Her
●ポールの名作バラード。ビートルズ初期の歌詞は、和訳すると恥ずかしくなるような愛の言葉がよく繰り返される。ポールの甘いボーカルにジョージのアコースティックギターが優しく絡む。
●1964年公開の初主演映画「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」のために作曲された曲の一つ。何とも奇妙奇天烈な日本タイトルだが、リンゴがつぶやいたという "A HARD DAY'S NIGHT" が原題だ。
(Kuri) 
収録アルバムCD
ザ・ビートルズ
写真提供:JBOOK

●前期ビートルズのヒット曲を集めた2枚組ベストアルバム「赤盤」。このCDにも収録されている。
ザ・ビートルズ
写真提供:JBOOK