パノラマ東京 : 新宿御苑   (2002年3月撮影)

新宿御苑には江戸時代初期、信州高遠藩・内藤家の下屋敷があった。 徳川幕府以後、政府が近代農業振興を目的とする内藤新宿試験場を敷地内に設置したことが、緑豊かな庭園のルーツ。 1949年5月国民公園として一般に開放され、広大な敷地は「都会のオアシス」になった。 西新宿副都心には眺望の楽しめる超高層ビルが多いが、南新宿にあるタカシマヤ・タイムズスクエア12〜13階の屋上テラスもなかなかの眺め。 特に新宿御苑の春爛漫風景は一見に値する。 緑の森に浮かぶ1500本の桜の淡い色彩が印象的だ。 背景となる都心方面のスカイラインに高層ビルが小さく連なる。 右方の眼前にはNTTドコモ代々木ビルがそびえ立つ。

2002年の東京は3月16日にソメイヨシノの開花宣言。 観測史上最も早かったという。 ソメイヨシノの見頃期間はほぼ一週間。 見事なまでに一斉に咲き揃う桜の開花寿命は儚いが、春の強風に花吹雪となって散り雨に流れる花弁の姿もまた美しい。

JR/東京メトロ/都営地下鉄/小田急線/京王線・新宿駅



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture size : 24 x 65.5 mm
picture angle : 130 degrees (horizontal)
exposure : F11 , 1/250 sec.
film sensitivity : ISO 100


updated : June 1, 2004
released : April 6, 2002

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:葛西 パノラマ東京:南青山 パノラマ東京 2002 ホームページ