パノラマ東京 : 聖蹟桜ヶ丘   (2002年10月撮影)

東京郊外の多摩市にある聖蹟桜ヶ丘は新宿から西南西へ23km、京王線の特急電車で24分の距離。 多摩川と多摩丘陵に挟まれた美しい街で、神々しい名前はかつて明治天皇の狩猟場で桜の名所だったことに由来する。 1960年代、多摩丘陵・桜ヶ丘に高級分譲住宅地が開発されてから、聖蹟桜ヶ丘駅前は目覚ましく発展した。 宮崎駿作品のアニメ映画「耳をすませば」に描かれた風景のモデルとなった街としてよく知られ、全国アニメファンの聖地でもある。

通称「耳丘」に立つと180度のパノラマ風景が広がり、聖蹟桜ヶ丘の街が一望できる。 ガラス窓を通して見る高層ビルの展望台では決して味わえない「見晴らしの丘」だ。 隣りの丘の稜線には新宿超高層ビル群が遠く小さく見え隠れする。 足下から吹き寄せる秋のそよ風が気持ち良い。

京王線・聖蹟桜ヶ丘駅



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture size : 130 degrees (horizontal)
exposure : F8 , 1/250 sec.
film sensitivity : ISO 100


updated : July 1, 2005
released : November 1, 2002

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:八重洲 パノラマ東京:田園調布 パノラマ東京 2002 ホームページ