パノラマ東京 : 雑司が谷 2   (2003年6月撮影)

東京に唯一残る路面電車・都電荒川線は荒川区三ノ輪橋から新宿区早稲田までの12.2kmを50分余で走る。 全線のほとんどが幹線道路を避けた専用軌道のため、車優先社会でも廃止されることがなかった。 電車は住宅地の真ん中を通り、軒先すれすれに走る区間も多い。 雑司が谷にある鬼子母神前停留所付近は神社や寺院が点在し、商店街の雰囲気は下町情緒たっぷり。 都電の踏切を渡り、樹齢400年のケヤキ並木通りを抜けると緑豊かな鬼子母神堂が近い。

21世紀に入って加速する都市開発は都心の繁華街だけではない。 東京メトロ13号線の池袋・渋谷間路線がこの地域を通過する。 都電・鬼子母神前停留所の地下には新線の雑司ヶ谷駅が2007年度に完成する予定だ。 昭和の面影を残す風景がまた一つ消えようとしている。

東京メトロ有楽町線・東池袋駅、都電荒川線・鬼子母神前停留所



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture angle : 130 degrees (horizontal)
exposure : F8 , 1/125 sec.
film sensitivity : ISO 100


updated : August 1, 2006
released : July 2, 2003

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:西ヶ原 パノラマ東京:都心遠望 パノラマ東京 2003 ホームページ