パノラマ東京 : 品川浦   (2003年10月撮影)

JR品川駅に近い北品川では、木造の家並みを背景に釣り船と屋形船のある船溜まり風景が見られ、江戸時代の面影がわずかに残っている。 当時、江戸四宿の一つ東海道品川宿のそばには海が広がり、水揚げの豊かな漁村・品川浦があった。 現在の品川浦は東京湾側の水路を除いてほとんどが埋め立てられているが、北品川橋から眺めた風情のある景色は「しながわ百景」に選ばれている。 しかし、品川駅東口地区は再開発による景観変貌が著しく、2003年10月1日に東海道新幹線新駅が開業すると21世紀型の風景にすっかり入れ替わってしまった。

北品川橋に立つと、船溜まりの背景には品川インターシティ(1998年11月竣工、右側)、品川グランドコモンズ(2003年4月竣工、左側)の超高層ビル群が迫り、新旧混在の異様な、しかし印象的なコントラスト風景を目にすることができる。

京浜急行線・北品川駅、JR/京浜急行線・品川駅



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture size : 24 x 65.5 mm
picture angle : 130 degrees (horizontal)
exposure : F8 , 1/125 sec.
film sensitivity : ISO 100


updated : December 1, 2003
released : November 2, 2003

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:南青山 2 パノラマ東京:東京上空 パノラマ東京 2003 ホームページ