パノラマ東京 : 東京上空

成田空港(新東京国際空港)では周辺地域への航空機騒音の影響を少なくするため、離陸時に急上昇する飛行コースをとる。 空港を離陸した機はすぐ直進上昇。大きく旋回しながら加速し、さらに上昇を続ける。 成田からアジア方面に向かう便では東京上空を通過し、日本列島を縦断して飛行することが多い。 東京上空での高度はすでに10,000mに近い。 高空から見下ろす東京の姿はじつに興味深い。 繁華街や庭園の位置だけでなく、ビルの建て込み具合で幹線道路が続くようすもハッキリとわかり、眼下の大都市はまさに精密地図のように見える。

香港便B777-300機から見た午前10時の都心部。 東京のほとんどの著名建造物が確認でき、視線を移すだけで一度に見られる贅沢さ。 車の存在はなんとか判別可能。人の姿は肉眼ではもう見えない。 ところどころに浮かぶ白雲が地表を遮っているが、かえって想像力を掻きたてる。

JR/京成本線・成田空港駅、空港第2ビル駅



data
SLR camera : Minolta alpha-7000
lens : Tamron SP AF28-75mm F2.8
picture angle : 65 degrees (horizontal)
exposure : F11 , 1/250 sec.
film sensitivity : ISO 100
shot : November 2003


updated : January 1, 2004
released : December 1, 2003

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:品川浦 パノラマ東京:東京駅 パノラマ東京 2003 ホームページ