パノラマ東京 : 東京駅   (2003年12月撮影)

2003年は江戸幕府が開かれて400年目。 東京各地の大規模再開発は完成地域も出てきたが、JR東京駅周辺では再開発プロジェクトがまだ始まったばかり。 八重洲側は駅前広場の再整備と超高層ツインタワーの駅ビル建設がすでに進行中。 丸の内側では現在の赤煉瓦造りの東京駅丸の内駅舎を保存しながら、創建当初の3階建てに復元する計画だ。 この保存・復元工事は2006年4月から始まる。 1914年(大正3年)12月20日に開業して以来の大工事になる。

丸の内駅舎のライトアップが2003年12月19日にリニューアルした。 照明灯数が増えて建物の存在感を強調、屋根の輪郭も夜空に浮き上がり、再開発の進む周辺に相応しく明るい雰囲気になった。 今回のライトアップも石井幹子氏の照明デザイン。 丸の内の年末は恒例のイルミネーション「東京ミレナリオ」の開催で大混雑した。

JR/東京メトロ丸ノ内線・東京駅



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture size : 24 x 65.5 mm
picture angle : 130 degrees (horizontal)
exposure : F5.6 , 1 sec.
film sensitivity : ISO 100


updated : June 1, 2004
released : January 1, 2004

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:東京上空 パノラマ東京:赤塚 パノラマ東京 2004 ホームページ