パノラマ東京 : 六本木ヒルズ   (2004年4月撮影)

2003年4月のグランドオープン以来、何かと話題の絶えない六本木ヒルズ。 港区六本木6丁目の麻布台地に建設された超高層複合施設・六本木ヒルズは、民間による都市再開発では最大規模を誇る。 高さ238m、54階建ての巨大な森タワービルを中心に、レジデンス棟、テレビ局、ホテルなどが建ち並び、ヒルズ全体が一つの都市構造を持つ。 森タワー52階の展望台・東京シティビューは、他の超高層ビルでほとんど遮られることのない360度のパノラマ眺望が魅力的。 標高だけでなく入場料金の高さにも驚かされる。

ヒルサイドにある66プラザからの眺めも秀逸だ。 テレビ朝日本社のガラス張り壁面に西側風景のスカイラインが反射し、この建物が透けているように見える。 東京タワーほかの背景と壁面に映った風景がステッチされ、よりワイドに見える演出効果が面白い。 実像と虚像の風景がテラスから見下ろす毛利庭園の借景となっている。 現代の新しい庭園観賞法に注目したい。 2004年は桜の開花寿命が長く、この庭園では4月に入ってもしばらく見ることができた。

東京メトロ日比谷線/都営地下鉄大江戸線・六本木駅



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture angle : 130 degrees (horizontal)
exposure : F8 , 1/60 sec.
film sensitivity : ISO 100


updated : June 1, 2004
released : May 1, 2004

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:青山橋 パノラマ東京:西新宿 2 パノラマ東京 2004 ホームページ