パノラマ東京 : 有明   (2004年7月撮影)

臨海副都心東京湾を埋め立てた広大な地域。 お台場周辺のリゾートエリアは四季を問わず賑わっているが、全体を見れば2019年完成を目差す臨海開発の計画途上にある。 この地域で1996年に開催が予定されていた世界都市博覧会を、当時の青島東京都知事が強行中止したことは記憶に新しい。 もし開催されていたらバブル崩壊以後の経済回復に大きな影響を与えていた、という推測がある。 果たして、この臨海副都心の開発スピードも現在より進んでいて、屏風のように建ち並ぶポストモダンな高層ビル群で埋め尽くされていたのだろうか。

有明と青海(あおみ)お台場を結ぶセンタープロムナードは臨海副都心の歩行者専用メインストリート。 プロムナード中央で有明南運河に架かる「夢の大橋」は長さ360m、幅40m。 歩道専用橋としては世界最大クラスだ。 遮るものがなく360度ぐるりと見渡せる風景は都会で開放感を味わう絶好のポイント。 正面左にパレットタウンの大観覧車、右にお台場の高層ビル群が見える。

りんかい線・国際展示場駅、東京テレポート駅
新交通「ゆりかもめ」・国際展示場正門駅、青海駅



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture angle : 130 degrees (horizontal)
exposure : F11 , 1/125 sec.
film sensitivity : ISO 100


updated : November 1, 2005
released : August 1, 2004

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:東高円寺 パノラマ東京:汐留シオサイト パノラマ東京 2004 ホームページ