パノラマ東京 : 三田   (2004年10月撮影)

国道15号線(第一京浜)と桜田通りが斜め45度に交わる三田・札の辻(ふだのつじ)交差点はJR田町駅から近い。 歩道橋の上に立つと、桜田通り正面のわずかな隙間に東京タワーが見える。 東京タワーの高さは333m。1958年(昭和33年)の竣工以来、未だに日本一高い建造物だ。 塔の先端から緩やかなカーブを描く足下まで、地上からタワー全容の見られる場所はたいへん少なくなった。 完成当時は高度経済成長期の前半。高い建物は少なく東京各地からよく見えたが、中高層ビルの建て込む現在では、東京のランドマークとしての存在は薄れつつある。

TVドラマの背景にいつも登場し、ライトアップされた姿が窓から見えるだけでアパートの部屋代が上がる。 これほど全国規模で親しみの湧く建造物はない。 鮮やかな赤と白のストライプ模様を街角で目にした瞬間、何か得した気持ちにさせてくれる東京タワーは20世紀の傑作電波塔だ。

JR山手線/京浜東北線・田町駅、都営地下鉄三田線/浅草線・三田駅



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture size : 24 x 65.5 mm
picture angle : 130 degrees (horizontal)
exposure : F8 , 1/125 sec.
film sensitivity : ISO 100


updated : March 1, 2005
released : November 1, 2004

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:新宿駅南口 パノラマ東京:池袋夜景 パノラマ東京 2004 ホームページ