パノラマ東京 : 音羽   (2005年7月撮影)

文京区の小日向台地北部にある無名坂。 筑波大学付属中・高校脇を下るので通称・附属横坂と呼ばれている。 交通量のやや多い普通の坂道だが、街路樹はよく整備され、切り通し崖上の豊かな緑が美しい。 東京の中でも文京区は坂と学校の多い地域。 台地を横切って音羽通りと春日通りを結ぶ長さ600m余りの道路両側には、先の中・高校のほか文京第七中学校、お茶の水女子大学、跡見学園中・高・短大などの公私立学校が集中する。 登下校時の舗道は生徒で溢れて学園通りそのもの。 苔生した切り通し壁の引っ掻きキズがいかにも通学路らしい。

この坂を下ると音羽通りに出る。 音羽通りは小日向台地と関口台地に挟まれた谷にあり、江戸時代には徳川五代将軍・綱吉が祈願寺の護国寺へ通った御成道。 音羽は当時から門前町として道沿いに栄えてきた。 出版社の多い街でも知られ、周辺は高層マンションの建設が著しい。

東京メトロ有楽町線・護国寺駅



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture angle : 130 degrees (horizontal)
exposure : F5.6 , 1/125 sec.
film sensitivity : ISO 100


updated : September 1, 2005
released : August 1, 2005

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:皇居東御苑 2 パノラマ東京:若洲 パノラマ東京 2005 ホームページ