パノラマ東京 : 上野公園   (2006年6月撮影)

上野公園には動物園や美術館だけでなく、台地全体の地形を巧妙に利用してレイアウトされた江戸時代の歴史的建物が残存する。 上野の山を京都比叡山に見立て東叡山寛永寺を建立した経緯があり、重要文化財・清水観音堂には京都の清水寺を模した舞台がある。 梅雨どきともなると、桜並木の新緑の色彩がいっそう色濃くなり、葉の成長も一段と進む。 舞台に立って俯瞰する風景には、うっそうと茂る木々の枝振りが日差しを遮り、花見シーズンの華やかな色合いは見られないが、蒸し暑い空気とともに運ばれてくる、むっとする緑の匂いがむしろ気持ちよい。

舞台脇から桜並木へ下りる石段の小道で、ガクアジサイがひっそりと咲いていた。 日差しを嫌うアジサイは湿り気のある目立たない場所で開花するからこそ美しく映えるが、株数が少ないのはやはり寂しい。 舞台背景もあることだし、セイヨウアジサイを増殖すれば新名所になるはず。

JR/東京メトロ・上野駅、京成本線・京成上野駅



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture angle : 130 degrees (horizontal)
exposure : F16 , 1/8 sec.
film sensitivity : ISO 100


updated : August 1, 2006
released : July 1, 2006

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:豊洲 パノラマ東京:南池袋 2 パノラマ東京 2006 ホームページ