パノラマ東京 : 皇居半蔵門   (2006年9月撮影)

皇居半蔵門そばの半蔵濠に沿って、千鳥ヶ淵公園が続いている。 土手際植込みの隙間から眺める緑色の濠風景は四季ごとに美しい。 春先の公園は桜の名所になるが、濠を囲む土手には彼岸花がところどころ群生し、9月下旬に毒々しいほど鮮やかな朱色の花が咲く。 自然環境の変化だろうか、数年前に比べ彼岸花の群生規模が小さくなったことが惜しまれる。 半蔵門近くの濠は芝土手の上に少し低めの石垣が築かれ、北桔橋門皇居外苑付近の濠構造とはまた違った風景が楽しめる。 濠向こうには都心で唯一武蔵野の面影を残す吹上御苑と御所がある。

皇居西側にある半蔵門は甲州街道へ直結した江戸城要衝の一つ。 門の名称には当時の警備担当、伊賀同心組頭・服部半蔵の屋敷が近くにあったことから名づけられた由来がある。 現代でも周辺の警備は厳しく、公園土手際の柵を少し乗り越えただけでも警官が飛んでくるほどだ。

東京メトロ半蔵門線・半蔵門駅



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture angle : 130 degrees (horizontal)
exposure : F8 , 1/125 sec.
film sensitivity : ISO 100


updated : November 2, 2006
released : October 1, 2006

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:城南島 パノラマ東京:佃 パノラマ東京 2006 ホームページ