パノラマ東京 : 堀船

路地から何気なく目にした鎮守の鳥居をくぐると、こぶりな本殿の白壁に石灯籠の影が映る風景があった。 荒川区界に接する船方神社は背後に隅田川(旧荒川)が流れ、周辺の住宅地に埋もれるようなひっそりとした佇まいだが、本殿だけは小ぎれいでよく目立つ。 川畔に位置する鎮守の由緒にはたいてい悲劇の言い伝えがあるものである。 昔、荘園領主の姫が嫁ぎ先で受けた仕打ちを苦にして荒川に身を投げ、12人の侍女たちも姫の後を追って殉じたという。 そんな予備知識を持って訪れていたら、白壁に映る石灯籠の影に意味合いを求めていたかも知れない。

12人の侍女たちの悲しい話を伝承する十二天塚の石碑が境内にある。 すぐそばには荒川区立あらかわ遊園があり、普段は閑静な神社の境内も休日になるとかん高い声が聞こえてくる。

都電荒川線・荒川遊園地前停留所



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture angle : 130 degrees (horizontal)
exposure : F11 , 1/125 sec.
film sensitivity : ISO 100
shot : February 2007


updated : April 2, 2007
released : March 3, 2007

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:新橋 パノラマ東京:東池袋 パノラマ東京 2007 ホームページ