パノラマ東京 : 虎ノ門

虎ノ門というと都心一等地のオフィスビル街を思い浮かべるが、愛宕山と麻布台地に挟まれた窪地には古い家屋の建て込む路地もあり、ノスタルジアな昭和の風景がそのまま残る。 周辺では大手不動産会社による地上げが着々と進み、あちこちに空家が目立つ。 廃屋のまま何年も時が過ぎてツタに覆われ、今にも自然に溶け込みそうな佇まいがあった。 袋小路の奥に入ると、雨ざらしの物置の赤錆色が緑に映えて妙に美しい。 古き時代の匂いに包まれて昼寝する野良猫の姿を見ていると、いつの間にか昭和の仮想空間へ引き込まれてしまう。 ふと路地の隙間へ目を向ければ超高層ビルがそびえ、束の間のタイムスリップから現実世界に戻るのである。

この辺り一帯は住宅地でもあり、麻布台の城山ガーデン(1991年竣工)と泉ガーデン(2002年竣工)、愛宕山の愛宕グリーンヒルズ(2001年竣工)など、高台の上から超高層複合施設による都市再開発が進んでいる。 谷間の地の街並みがすっかり入れ替わるのもそれほど遠い未来ではない。

東京メトロ日比谷線・神谷町駅



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture angle : 130 degrees (horizontal)
exposure : F5.6 , 1/125 sec.
film sensitivity : ISO 100
shot : May 2007


updated : July 1, 2007
released : June 1, 2007

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:観音橋 パノラマ東京:目白 パノラマ東京 2007 ホームページ