パノラマ東京 : 明治神宮 2

8年ぶりに明治神宮の森を訪れ、宝物殿前の芝生で当時とほぼ同じ撮影ポジションを探した。 都心でこれほど広大な草原は滅多にない。 前回の風景と比較すると、NTTドコモ代々木ビルが完成し特徴あるその尖塔部が出現した以外、背景には新宿超高層ビル群の建て込みにそれほど大きな変化は見られない。 一段と成長した森の緑が隠しているからだ。 西新宿の超高層ビルはこの森からほとんど見えないが、さらに西へ延びる西新宿の都市再開発は着々と進行中だ。

無秩序に再開発が加速する東京では、10年近く経って景観にほとんど変化のない風景は貴重であり、当時の記憶景と比較し納得しながら眺めていると楽しく、また落ち着くのである。 あれこれ回想しなくても、青々と広がる芝生に裸足を投げ出すだけでも気持ち良いことは間違いない。

JR山手線/総武線/都営地下鉄大江戸線・代々木駅、小田急線・参宮橋駅



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture angle : 130 degrees (horizontal)
exposure : F8 , 1/125 sec.
film sensitivity : ISO 100
shot : July 2007


updated : September 3, 2007
released : August 1, 2007

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:目白 パノラマ東京:浜離宮庭園 パノラマ東京 2007 ホームページ