パノラマ東京 : 千登世橋

JR目白駅前から目白通りを東へ700m。 明治通りと立体交差するところが千登世橋(ちとせばし)。 目白台地の切り通しに架けられた鋼鉄製のアーチ橋は「東京都の著名橋」に指定されている。 東京では最も古い陸橋(1933年完成)で、橋下の明治通りから見上げた姿はなるほど重厚な雰囲気。 隣の千登世小橋との間には休憩スペースがあり、散策途中の小休止にちょうどいい。 この辺り目白台地の南側は急斜面が続き、東京で最も勾配の急な胸突坂(のぞき坂)がある。

千登世小橋にしばらくの間たたずみ、新宿超高層ビル群を背景に電車ウオッチングするのも面白い。 東京に一路線だけ残る路面電車が軽快な走行音を響かせ、橋の真下を通り抜けていく。 都電ウオッチングは懐かしくもあり、鉄道マニアでなくても楽しめるのだ。

JR山手線・目白駅、都電荒川線・学習院下



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture angle : 130 degrees (horizontal)
exposure : F8 , 1/125 sec.
film sensitivity : ISO 100
shot : August 1996


updated : October 2, 2007
released : September 1, 1996

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:西新宿 パノラマ東京:駒形 パノラマ東京 1996 ホームページ