パノラマ東京 : 根津   (1997年5月撮影)

江戸時代に建てられた寺院や神社を訪ねると、東京にもまだまだ緑が多いことに気づく。 文京区根津にある根津神社の境内に一歩入ると、都会の喧騒を忘れるほど静かな空間が広がる。 イチョウの新緑と権現造り社殿の朱色が鮮やかだ。 徳川五代将軍・綱吉が世継を定めたときに造営したという社殿は正門、透塀などと共に国の重要文化財に指定されている。 根津神社はツツジの名勝としても知られ、境内のつつじ苑では4月下旬に50種3000株のツツジが咲き競う。

木洩れ日に映える褪せた朱色の透塀が、社殿脇のうっそうとした樹木を囲むように続いている。 小高い丘の斜面にある乙女稲荷の舞台から眺めた陽と陰のコントラストが美しく、東京の一風景とはとても思えない。

東京メトロ千代田線・根津駅、東京メトロ南北線・東大前駅



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture angle : 130 degrees (horizontal)
exposure : F5.6 , 1/60 sec.
film sensitivity : ISO 100


updated : June 1, 2004
released : June 1, 1997

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:東京港 パノラマ東京:恵比寿 パノラマ東京 1997 ホームページ