パノラマ東京 : 秋葉原   (1997年7月撮影)

世界的に有名な秋葉原の電気街も、表通りから少し外れると普通の街のようすを見せる。 近所の人が餌をまいているのだろうか、道路脇に鳩が群がっている。 秋葉原の電気店で売場面積の大半を占めているのは、1970〜80年代のAV機器や家電製品に代わってパソコンとゲーム機器そして携帯電話だ。 JR秋葉原駅西口前一帯は広大な東京中央卸売市場の跡地。 再開発計画があり、工事開始前は駅前広場や駐車場に臨時利用されている。

この夏、駅前広場ではテント村を設営してインターネット関連製品の展示会が開催されていた。 製品の説明を受けてそのまま専門店に直行できるのは、まさに秋葉原ならではのアイデアだ。

再開発地には2棟(31、22階建)の高層ビル・秋葉原ITセンターと、40階建の高層マンションが建設される。
2005〜6年に完成すると秋葉原の街風景は一変する。

JR山手線/京浜東北線/総武線/東京メトロ日比谷線・秋葉原駅



data
panoramic camera : NOBLEX 135 U (NOBLAR T 29mm/F4.5)
picture size : 24 x 65.5 mm
picture angle : 130 degrees (horizontal)
exposure : F11 , 1/125 sec.
film sensitivity : ISO 100


updated : June 1, 2004
released : August 1, 1997

無断で転載・複製することを禁じます.

パノラマ東京:恵比寿 パノラマ東京:雑司が谷 パノラマ東京 1997 ホームページ